RISU算数(さんすう)を保育園の年長がやってみると数の理解力が早くなる





我が家の保育園年長の息子がRISU算数(さんすう)を実践してから、ようやく1ヶ月になりました。

年長だと教材のタブレットの使い方も教えてあげると、ある程度自分で理解できるようになるので付きっきりにならず楽になります。

またRISUの先生方の動画を見ながら、先生と一緒に声を出して練習してくれる純粋な年齢なので
タブレット学習で算数(さんすう)を勉強するにはうってつけの時期だと思ってもらって大丈夫です。

ただし!

タッチペンの反応がいまいちなことがよくあるので、
タッチペンが使えなくて不機嫌になる前に子どもに声をかけてあげるなど、気を配ってあげる必要もあるので気をつけましょう。

今までは足し算の概念を、指を使ったり先生の動画を見ながら一生懸命数えていました。

ここ最近は、自分で指を使わなくてもコツコツ数字を読み上げながら答えを導き出す方法を編み出してきましたよ。

実際に問題を解いている姿はこちら次の章で、動画で紹介しております。

RISU算数(さんすう)を年長が実践すると

ここまで自分で理解できるようになりました。(声の主は、息子のお姉ちゃんです)

タブレットで学習で、さんすう(算数)の問題を解いていく様子です。

実際にタブレットで算数(さんすう)を学習するってどうやって?って疑問に思うこともあると思います。

動画のように数字を選ぶところはこのように選択するようになっています。

タブレットをどうやって触っていくのか?の部分も

難しく考えなくても良いし、数字の1桁だけを選ぶので1~9までの数字の中でどれを選べばいいのか?考えて問題を解いていきます。

数字を選ぶだけでも難しそうですが、慣れればさっと答えを導くことが可能です。

学習に慣れてくれば、子ども一人でも地道に進めることができます。

学習に入る前に先生のワンポイントアドバイスの動画を確認してから実践すると、ある程度一人で考えて学習することができます。

パパ・ママが一緒に動画を見ればもっともっと、理解力を上げることもできるでしょう。

先生方の動画も話口調が優しいですし、ゆっくりしゃべってくれるので子どもも一緒になって数字を数えることができます。

RISU算数(さんすう)で年長が実践する上でパパ・ママの心配事は?

パパ・ママの心配点は、タブレットを使って算数(さんすう)に特化した学習をどのように行っていくのか?ではないでしょうか?

私自身も、ココが一番疑問に思ってました。

実際にどのように学習をしていくのか?納得した上で、子どもの習い事は決めたいって思いますよね?

どんな様子で学習をしているのか?

他の記事でも紹介していますので、良ければ参考にしてみてくださいね。

息子が年少の頃に実践してみました

RISUきっずをはじめてみよう

RISUきっず 年少3歳が先取りでさんすうの基礎固めやってみた

2020年9月27日

息子が年中の頃で実践してみました

RISUきっず 年中5歳だと小学校のさんすうの先取りは可能か試してみた

2022年2月6日

またRISU算数(さんすう)では、タブレットを実際に使えるお試しキャンペーンも行っておりますので詳細は下記記事よりご確認いただけます。

RISUきっず(キッズ)とRISU算数の料金は?申込む前に体験申込の仕方を紹介中

2022年2月6日

RISU算数(さんすう)を年長がモチベーションを上げる方法

習い事にはやっぱり!モチベーションアップが必要になりますよね。

そこで紹介したいのが、RISU算数(さんすう)にはポイントを貯めてもらえるご褒美(景品)があるんです。

保育園年長の息子が目指すご褒美は、こちら。

いかがですか?

ポイント数が多くて貯めるまでが大変ですが、恐竜好きの息子には本当に憧れの景品のようです。

この景品が欲しいので、学習を1個ずつクリアするともらえるポイントが付与されるとテンションが上がってます。

問題全てクリアできると、100点もらえるのでポイントの貯め方が分かりやすく息子も頑張ってます。

どんな景品があるのか?ちらりとお見せするとこんな感じです。

保育園や幼稚園に通ってる年長さんにおすすめな景品は、こんな感じでしょうか?

ポイント数が多いと、なかなか貯めるまでに時間がかかってしまいますがコツコツ頑張って行きましょう。

他にも、少ないポイントの景品交換からチャレンジしてみて

「やればできる!!」

こういった経験を積み重ねて、子どもの自己肯定感をアップさせるのも良い経験になるかもしれません。

スポンサーリンク

RISU算数(さんすう)を年長がやってみると数の理解力が早くなるまとめ

RISU算数(さんすう)を年長がやってみて、タブレット学習は難しいものではない!ということを理解することができました。

年長の息子が、自分から

「今日はRISU算数(さんすう)やる~」

って言葉から寝床で横になりながら、タブレット学習をやっています。

どうしてもやる時やらない時のむらはありますが、しっかりと今日は先生の動画を見る日であったり学習をする日とモチベーションに合わせて学習できるのは良いですね。

タブレット内のイラストも、以前に比べて豊富になっているのと

「可愛い~」

って思える萌イラストも出てくるので、
家族みんなでほっこりする時もあります。

子どもの習い事・学習教材でRISU算数(さんすう)が気になっているパパ・ママ。

算数(さんすう)に特化した習い事って何かないか?

気になっているパパ・ママには、RISU算数(さんすう)は、ちょどいい教材になります。

少しでも気になったら、人数制限はありますが無料でタブレット学習を体験するのはいかがでしょうか?
(※無料体験には、諸注意があるので下記サイトで確認お願いします)

RISUきっず(キッズ)とRISU算数の料金は?申込む前に体験申込の仕方を紹介中

2022年2月6日
ブログ訪問ありがとうございます

8歳差育児でDWEの英語学習するCHINAです。

歳の差育児中の気づき、日常などもブログで紹介してます。

DWE英語以外にも、歳の差育児中のパパ・ママと沢山繋がることが目標です。

ママ目線のブログで、同じように共感してくれるママ。

ママの気持ちが知りたい、パパの参考になれるよう頑張ってます。

ブログ村ランキング参加中です。ポチっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 年の差兄弟・姉妹へ
にほんブログ村



楽天市場




子どもの英語学習特化サイト始めました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

8年ぶりの二人目出産で8歳差の姉弟の子育てしてるワーママです。10年悩んでディズニーの英語システム購入した、親バカです(笑)歳の差育児とワールドファミリーに関して徒然書いてるブログです。ファイナンシャルプランナーを取得して家計・経済に関しても役立つ情報も提供できるよう目指して執筆しています。