自己紹介

2つのひまわり

初めまして、CHINA(@Tomomin341125)です。

2人の子供、ゆりちゃんとゆう君の子育て中のアラフォーです。(この記事を書いてる頃は~)

198●年生まれの熊本県出身です。現在は愛知県に住んでます。

フルタイム勤務で、お仕事・家事・育児全部こなしてます。
近所に両親もいませんので、ほぼ夫とともに2人で子育てしています。

 

CHINAってこんな人

高校卒業後は、アニメーターを目指すため専門学校へ~

しかし、現実は甘くなく絵ばかりを描いて上手い人が生き残る世界。

おまけに、低賃金かつ都会にしか製作会社がない現実。
専門学校を卒業してからも、知人宅で絵を頑張って描いてみるも現実に押しつぶされてしまいました。

勿論、同じ専門学校卒業してアニメーターで頑張ってる同級生も多々いました。
でも、今でもアニメーターしてる同級生はどのくらいいるのかな?

現実を考え、お金に関して勉強したいと考えファイナンシャルプランナーの資格を取りたいと思い通信短大へ進学。

通信なので、年齢的にも高めな人が多かったです。

自分の母位の方も勉強したい!と通ってました。

2~3ヶ月に1回スクーリングが金山駅付近であって、みんなで一緒にランチするのが楽しかったですね。

おかげさまでファイナンシャルプランナー3級は取得できました。
その後、自分で受験申込して2級も合格しました。おかげさまで、家計簿つけるのは大好き~☆

また、社会保険労務士の勉強もしてましたので、そちらの受験資格はありますが、まだ受験できていません。

他にも調べてみると、保育士の受験資格もあるようです。いつかは、受験して合格したいです。

通信短大へ入学することで、時間と勉学の大切さを学べたと思います。

 

時間は有限ではありません。

 

勿論、アニメーターという職業も立派な職業ではありますが、住んでる場所や地域。

親元から勤務するのか?によって生活の安定度は変化します。
低賃金の就職先は非常に生活が苦しくなります。

アニメーターになりたい高校生や専門学校生は、是非その辺をしっかり考えてもらいたいです。

私は、後悔しても仕方がないので前を向いて今を生きてます。

 

もしも、この文章を若い子が見てくれたら将来設計も考えたうえで就職を考えてほしいものです。

 

めちゃくちゃお金にシビアだった過去

プロフィールでも記載しましたが、飲料をコンビニや自販機で買うだけでも罪悪感を抱くほど懐が狭かったです。

本を何か買ってもいい!

としたら全部「お金に関する本」ばかり。

今では、ワードプレスなどのネット系の本から投資系、自己啓発本など色々自分の為になる本を選ぶことができます。

 

何故なんだろう?

 

と考えると、親の影響が大きいのかもしれません。

父はギャンブルが大好き!借金こそはしませんが、毎月給料の入る通帳は母が管理するも
ギャンブルで負けるたびにお小遣いをせびってました。

 

使いすぎて文句を言うものなら

 

「おれが稼いだ金だろ~」と文句を言われていたそうです。

その為、母は私が7歳の頃からずっとパートで働いています。

 

そんな母を喜ばせようと、少しでもお金を使わないことが「偉い」と幼いながらに刷り込まれていってしまったようです。

 

それなのに、アニメーターという将来の夢は

「こんな家族から離れて自分の好きなこと(アニメや漫画)で自由になりたい!」

という気持ちの表れだったのかな?と思ってしまいます。

親が止めなかったのも、「申し訳なさや、子供の自由」を思ってのことだったのかな?と考えてしまいます。

 

なので、携帯ゲームに課金なんてもってのほか!だと昔の私は思ってましたし、
趣味なんてないから一時期は鬱状態で病院に通ったものです。

主人とも若い頃に出会って、同棲しながら切磋琢磨してきました。

お金がない状態だったので日々節約のことばかり考えてましたね。

こんな状態で絵を描いて、生活費を稼ぐことの辛さが身に染みました。

今でこそ事務職の会社員ですが、ここまでくるのに長い道のりでした(苦笑)ワードやエクセルなどの資格取得などしてきたので今があると思います。

 

8年ぶりの子育て開始

娘を出産してから、およそ8年。

兄弟が欲しいね~と主人と話をしていて、せめて2人は欲しいと思っていたのになかなか授からず、諦めかけてた頃にポンと1人できまして・・・息子を8年ぶりに出産。

お姉ちゃんのゆりちゃんは、弟の誕生を喜んでました。

初めて見る、エコー写真には???みたいな感じでしたが、
徐々に人間の形に近づくにつれて「お姉ちゃん」を実感していたみたいです。

お姉ちゃんは、今では小さなお母さんになってくれています。

おむつ替えに抱っこ、面倒を見てくれてすごく助かっています。

8歳も年齢が離れているので、正直育てやすい!です。一人っ子が2人いる感覚でしょうか?

また、パパがいなくてもお姉ちゃんがいるので、安心して出かけることもできます。

但し、2歳以上になるとバタバタ動き回るし騒ぐのでお勧めはできません。

帰宅後、私も娘もぐったりです。

何もかもが8年ぶりだと変わってることが多いです。
予防接種の回数が格段に増えてるし、同時に何本打つの?ってぐらいあってびっくりしました。

ただ、体力的に言わせてもらうとやっぱり若い頃のほうが良いです。
産後も痩せやすいし、若さをキープしやすいように思いました。

鬱からの脱却と金銭的考え方の変化

1人目を出産してからお金の考え方などから、シビアに考えすぎて自由が無くなり鬱になってました。

病院にも通いず~っと絶え間ない

 

「同じことを毎週カウンセリングでしゃべっていた」

 

ように思います。薬漬けにもなり、非常によろしくない状態も経験しました。

しかし、今では寛解しております。

私が寛解した理由こそ、金銭的考え方に直結します。

 

つまりは「お金」なんですね。

 

病院って患者がいて、診察してお金をもらって商売してるわけなんです。

体調が悪ければ病院に行くのも当たり前なんですが、本来なら薬飲んで治るのが普通ですよね。

それが薬飲んでも治らない。そうじゃなくて飲んでたら、大変な目にあった!と医者に言うと

 

「躁鬱だわ!」って言われてしまって・・・。

 

もうね、この時に私病気なんだ~って落ち込まず、「は?」イラッって思いまして

 

「正直いいビジネスやね」と心の中で思ってしまいました。

 

ここからは、薬抜きや運動など本当に大変でした。

あくまで自分の意志で自己判断で行いましたので、くれぐれも真似して体調崩したりしないでくださいね。

頑張って今の状態まで持ってきて、「よくカモになってたな~」って自分で思うようになり、金銭的考え方も健全な方向に進んでいます。

喉がかわいたのに、飲料買わずに倒れたらそれこそ周り(救急隊や家族、倒れた先にいる赤の他人)に
迷惑かけるとか、節約のために少し値段が高くても別のスーパーに行く時間や車の燃料が無駄になるとか、

より建設的に考えられるようになりました。

子どもへの投資

金銭的感覚が身に付いたところで、ディズニーの英語システムを約10年ほど悩んだ末購入を決意しました。

ゆりちゃんの同級生のママ友が持っていたんですが、

 

最初は値段をみて買える訳ない!って思っていたのですが

 

人生いろいろな経験をして、高額ですが今では購入して良かったと思ってます。

現実問題、海外で子育てできれば話は別ですがそんなことはできません。

その非現実的なことでもお金を出すことで英語力をつけることが出来る、
付加価値を見出したくて購入を決意しました。

(ただ、購入して勉強するのは幼児の方がやりやすいのは事実です)

ワールドファミリークラブの卒業課題をこなして、兄弟2人で卒業式へ参加してもらうことが私の夢でもあります。

まとめ

人生を通して、色々な経験をしてきました。

今は仕事勤めしてますが、ブログや子育てで様々な人と繋がれたらいいな~って思っています。

今は子供が小さいので参加できていませんが、いつか名古屋で夏にあるお祭り

 

『ど祭り』に参加するのが夢です。

 

子育てがひと段落しても、仕事場以外に居場所を作っていけたらいいなと思っています♪

このブログで、DWEで英語力をつけてCAPを卒業するまでを記録で残していけたらいいなぁと思ってます。