RISU算数(リス算数)を年長の息子が始めることになりました





8歳差育児をしている、ちなと申します♪

今まで、RISU算数(リス算数)の記事をたま~に書いてきましたが
この度、継続してタブレット教材を利用して学習することにしました。

クマさん
すごいじゃん!これで、
さんすう大好きっこの誕生だね♪
CHINA
そうだね、さんすう大好きな子に
なって欲しいな

RISU算数(リス算数)の記事更新の頻度が増えていくので!

これから、子どもの先取り学習で算数を勉強させてみたいと思っているパパ・ママは参考になると思います。

自分専用のタブレット~♪

お陰様で、息子も娘も喜んでおります。

自分だけのハイテク機器、携帯とかを初めて持った時の感覚と似てるかもしれません。

それでは保育園に通う年長の息子と、RISU算数(リス算数)教材の様子を紹介していきたいと思います。

今まで息子が、RISU算数(リス算数)を利用した時に執筆してきた記事はコチラになります。

保育園の年少・年中でチャレンジしたRISU算数(リス算数)の内容です。

RISUきっずをはじめてみよう

RISUきっず 年少3歳が先取りでさんすうの基礎固めやってみた

2020年9月27日

RISUきっず 年中5歳だと小学校のさんすうの先取りは可能か試してみた

2022年2月6日

RISU算数(リス算数)を保育園の年長が利用するとどうなるのか?

もう日本語の理解力も十分あるので、
指示されたことは自分である程度できます。

「どうがをみる」

ボタンも意味を理解して、タッチペンで押して動画の視聴をすることができますよ。

先生と一緒に声を出すところも、1人で

「16,17,18~」

と先生と一緒になって数を数えることができました。

数の学習をすると、1~10までの数を声に出して言ってみたりタブレットで番号を選択する問題を解いていきます。

慣れてくると1人で出来ることも増えますが、
やっぱりサポートをする必要も出てきます。

タッチペンの操作不良。

不良と言っても、上手く反応しない時にサポートしてあげる必要があります。

 

そんな時は、我が家はお姉ちゃんがお手伝いをしてくれます。

RISU算数(リス算数)年少・年中の頃に比べると年長は?

やっぱり、理解力が格段に上がっているので私がサポートしなくても1人で出来ることが格段に増えてます。

タッチペンも上手に使って、自分で数字を選択して回答するボタンを押して100点が出ると

「よっしゃ~~~~!」

と大きい声で息子は、ガッツポーズをしてます。

その姿を見る度、この喜びようは凄すぎる( ゚Д゚)と困惑しております。

【年少の頃】
私が付きっきりで、タブレットを持って息子を膝の上に載せて問題を説明しながら一緒に学習をしておりました。

【年中の頃】
サポートはしますが、自分でタッチペンを使うことに興味を持ってくれて率先してポチポチ回答してくれました。

それでも年齢的にはまだ幼いので、私やお姉ちゃんが身近でサポートしながらの学習になってました。

【年長の頃】
お姉ちゃんがサポートするも、ほぼほぼ息子一人で頑張れるようになってきました。

問題の選択と動画視聴の違いを、操作できるようになってました。

それでも、ちょっとタッチペンの反応が悪いと思った時や間違えの回答が続くと不機嫌になってしまって問題を解くことを止めてしまいました。

年長の夏休み期間に、RISU算数(RISUきっず)の目標をたてました。

RISU算数・RISUきっずを使った我が家の夏休みの学習計画公表します!

2022年7月20日

夏休みの学習計画の結果がこちら。

RISU(リス)算数・RISUきっずの我が家の夏休み学習の振り返りで分かった事

2022年9月24日

RISU算数(リス算数)で年長が気に入っている所

息子が気に入っている所は

気に入ってる所

  • 自分でタブレットを操作できる所
  • タッチペンを使って、線が引ける所
  • 問題に挑戦して、100点が取れると音が鳴ってお祝いしてくれる所

自分でできることの幅が広がったおかげなのか

「自分でできること」

これが一番、気に入ってる所であり成長した部分だと思ってます。

あとは、せんせい(先生)動画も気に入ってます。

RISU算数やRISUきっずの動画って有名大学に通う○○が出てくるの知ってますか?

2022年8月23日

RISU算数(リス算数)で年長が不満に思っている所

息子が不満に思っている所

不満に思っている所

  • タッチペンの反応が悪い所
  • 1人で完ぺきに操作ができない所
クマさん
タッチペンの操作は、お姉ちゃんでも苦戦していると言ってたよ
CHINA
その為、即改善できるような問題ではなさそうです

1人で操作が完了しない分、もどかしさが前面に出てきてしまって怒れてくるようです。

もちろん、操作が難しければ聞いては来ますが
それでも1人でやりたい!やりきりたい!と思えてくることは自立心の表れなのかもしれません。

スポンサーリンク

RISU算数(リス算数)を年長息子が始めることになりましたまとめ

今回は独自なことを取り入れて、
RISU算数(リス算数)の学習を進めてみました。

それは、数字を実際にノートに書いて覚えることです。

お姉ちゃんのアイディアなんですが、この発想がGood!

息子も数字を書くことが楽しいようで、
結構練習してました。

久々のタブレット学習、それでも問題が解けて100点が取れると毎回喜びの雄たけびを上げる息子。

我が家もこうなので、もしかすると100点イコール全問正解が「嬉しい‼」って思える子どもたちもいるかもしれません。

他にも、タブレットに届く先生の解説動画も大好きなので再生して視聴しています。

CHINA
算数の習い事を幼いうちから始めたい!そう思っているパパ・ママは、RISU算数(リス算数)をお値打ちでスタートしてみませんか?

 

ブログ訪問ありがとうございます

8歳差育児でDWEの英語学習するCHINAです。

歳の差育児中の気づき、日常などもブログで紹介してます。

DWE英語以外にも、歳の差育児中のパパ・ママと沢山繋がることが目標です。

ママ目線のブログで、同じように共感してくれるママ。

ママの気持ちが知りたい、パパの参考になれるよう頑張ってます。

ブログ村ランキング参加中です。ポチっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 年の差兄弟・姉妹へ
にほんブログ村



楽天市場




子どもの英語学習特化サイト始めました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

8年ぶりの二人目出産で8歳差の姉弟の子育てしてるワーママです。10年悩んでディズニーの英語システム購入した、親バカです(笑)歳の差育児とワールドファミリーに関して徒然書いてるブログです。ファイナンシャルプランナーを取得して家計・経済に関しても役立つ情報も提供できるよう目指して執筆しています。