【育児】小6の算数で悩んだら!RISU算数(リス算数)でタブレット学習

小学6年生がRISU算数のタブレットをやっている後姿

子どもの算数嫌い・・・どうにか克服したいお父さんお母さん!

もう早いもので、子どもも小学6年生を迎えましたね。

コロナ禍の影響下で、授業の遅れも否めません。

そんな中で、算数の学習に特化した勉強法で朗報です。

タブレットを使って、算数の学習が進められる

『RISU算数(リス算数)』を紹介します。

 

キャンペーンを利用して実際に触ってみよう

タブレットを使う=(イコール)お値段が高い!

と想像する親御さんも少なくないと思います。
そもそも、問題集など本屋さんで購入してもそれなりにお値段はします。

本屋でお試し1週間、問題集貸し出します!

ってキャンペーンは難しいですが、
このタブレット教材は

『 1週間お試しキャンペーン 』があるので、
子どもが学習方法が気に入るかどうか?試すことができるのです。

本屋で購入しても、全くやらない問題集なんかより
実際に手に取って、子どもが算数の問題にチャレンジする姿を生で観察できる
チャンス!!ですよ~。

それでも、やらなかったらお断りするだけで大丈夫です。

その際は、一番最後の問合せ窓口など参考にしてくださいね。

※1週間以内の返品となるので、ご注意ください。

小学生のお子さんへ向けた、RISU算数タブレット学習の誘い方

思春期も始まる頃なので、なかなか親の言うことを聞かない時期にきますが、

タブレットで「ゲーム感覚で算数やってみない?」

なんて声かけられると、ゲーム好きな男の子なら
ぐいぐい、食いつきそうな気がします。

女の子なら、
「コロナの影響でタブレット学習が学校でも
始まるかもしれないから、試しに算数でタブレット学習してみない?」

紙にペンでやってる授業よりも、タブレットに慣れてみない?などの
アピールで勧めるのも良いかもしれません。

 

キャンペーン内で、クーポンコードの入力をお願いします。

クーポンコードは「naa07a」

※こちらのキャンペーンは1週間お試し期間後、
継続利用をしていただいた方は、この期間0円でご利用いただけます。

※1週間のお試し期間だけで、継続しない場合は、
1980円(税別)の費用が発生しますのでご注意ください。

 

届くタブレットを紹介

実際にタブレットを手にすると、
子どもの感覚だと、教科書・ノートとペンより重めに感じると思います。

自宅にタブレットがあるお子さんは、
今持ってるものと比較することができると思います。

それでも、教科書・ノートとペンの授業より

「新鮮さ」

が勝るようで、しっかりかじりついて学習してくれますよ。

 

RISU算数のタブレットの入った段ボール RISUタブレットの箱の中身 RISUのタブレット

前もって、登録する子供のニックネームも
登録済で、シールにそのニックネームも記載されてきますよ。

付属品にタッチペン2本・充電器がセットされていました。

タブレットの到着は、クロネコヤマトさんでした。
クロネコヤマトさんが何時頃配達希望ですか?って

メールで連絡くれたので、スムーズに受け取ることができました。

(事前にクロネコヤマトさんの登録がないと、

こういったサービスができない場合もあります)

 

接続する際は、自宅のWi-fi環境を確認しましょう。
タブレットでWi-fiの登録が完了したら、

Wi-fi本体

タブレット学習がスタートします。

裏面のSSIDとKEYの登録をしましょう。

小学6年生が実際にやってみた感想

我が家のゆりちゃんは、算数が好きな方ではありますが
苦手な部分は、とことん苦手です。

図形や小数点の入る計算。

それでも、事細かく分かれた問題の為(1度に10問以下)
少しずつ、確実に学習ができるため飽きることなく続けて問題を解いています。

途中で、先生の動画配信(問題の解説)も入るため

自分が苦手とする問題は、入念に動画を見て理解を進めています。

タブレットで学習する小学生

そこに出てくる先生にも、興味を持ち
算数にも興味を持ち、苦手な部分を克服してくれるようです。

小6のゆりちゃんがもつRISU算数のメリット

問題を解くうちに、ポイントが貯まり

ポイントに応じた景品がもらえるので、頑張るモチベーションになってます。

RISU算数の景品一覧

景品は右側にあるバーをスクロールすると、
他の景品をみることができますよ。

ただし、この教材の料金形態でも解説がありますが

一度に1年分の料金を前払いして申込をするのですが、

過度に問題を解くと別料金が発生する。

との文言があるようで・・・

実際にどれだけ解いたら別料金が発生するのか?

具体的な明記や注意喚起のメールが来たりするわけでもないため、
正直分かりにくい部分があります。
(この件の詳細は、最後の方で教材のサイトを紹介してます)

RISU算数の景品の携帯電話

 

ゆりちゃんは、景品の最高得点の

携帯欲しい!!

と言ってますが、実際に点数を調べると250000点
問題で100点取るともらえる点数が10点

25000問の問題を解いて100点とってもらえる点数の合計です。

25000問も解けるのでしょうか?
問題数はあるのでしょうか?

最高得点の景品はこんな感じです。

このへんは、
沢山問題を解いていく必要があるため、

先ほどの別料金が発生するような気がして、ならないですね。
もう少し、この追加料金の件が明確になれば

利用する小学生も増えそうですね。

 

 

小6のゆりちゃんがもつRISU算数のデメリット

タブレットだから、仕方ない部分として

メモ欄にタッチペンで記入できるけど、接触が悪くて
上手く書けない時がある。

タブレットは紙やペンに比べると、筆圧うんぬんよりの
接触が悪いと反応がいまいちになります。

この部分は、タブレットよりも紙に記入しながらのほうが
集中できるかもしれません。

あまりに接触が悪い場合は、後半に記載している問合せ窓口などを利用して

タブレットの交換なども視野に入れた方が良いかもしれません。

保護者から見たRISU算数タブレット学習について

我が家のモチベーションは、何と言っても
ポイントが貯まったらもらえる「景品」でしたが、

実際に景品を申請して届くまでの、

解説動画や解説ページがあると、

子どもも具体的に景品交換方法が理解できて
やりがいの後押しができると思いました。

また学習内容が事細かに分かれていたり、
一度に解く問題の数が少ないことも、

無理やり詰め込む学習方法とは違って、好感が持てました。

解説も充実しており、
動画で先生の解説が見れることで

学校で周りの目を気にして質問できない子には
特に配慮されている感じが良かったです。

 

今まで分からなかった⇒分かった

 

へ変化する算数の学習が身近にできるタブレット教材のように思います。

 

保護者へのメール

メールで、子どもが今どんな算数の学習しているか?メールで届くので、

自室にこもって学習するお子さんでも、
どこまで学習が進んでいるか?
親もばっちり分かるのは、ありがたい機能
だと思いました。

なので、メールが来ない=学習していない

と分かるので、子どもに声はかけやすいかもしれないです。

景品目当ての子なら、景品目指してがんばろう!

って声もかけやすいですね。

我が家だけかもしれませんが・・・。

RISU算数(リス算数)タブレット学習のまとめ

小学校6年生といば、小学校生活6年間の総まとめの年。

算数は中学生になれば、

数学と名前を変えて
難しい教科へと変化していきます。

小学校の基礎算数力がなければ、中学校の数学でも
学習内容が遅れがちになり、最終的には苦手科目となる
可能性が高いのも事実です。

そんな中でも、
算数に特化した、RISU算数は問題も少しずつ出題され
なおかつ、採点が自動で行われ算数内の

自分の得意分野苦手な分野がすぐに
分かるタブレット教材
です。

各ステージをクリアすると☆マークが付いていきます。

RISUステージクリア後の画面

本屋さんの購入する参考書などは
直接記入すると2回目以降、使えなくなってしまいます。
ノートにペンで書くのも良いですが、採点は自分で行います。

ノートやペン・採点の時間を短縮する
新しい算数の学習方法はRISU算数(リス算数)の良いところ
だと思います。

自動採点後、100点取れなかったところを復習することで
必ず苦手だった部分を解消する余地があります。

RISU算数料金ページと問合せ窓口

その分料金なども高額?なのかなと思う

お父さん・お母さん向けにRISU公式サイトの
料金詳細ページはこちらになります。

料金は年額一括払い
年額一括12ヶ月分29,760円 (月あたり2,480円)の基本料が発生します。

サイトをみてもなんだかピンと来ないかもしれません。
私も、一括でかかる料金は理解できたのですが
問題を多く説いた場合の、解説は理解に苦しみます。

子供も解こうと思えば、
できる問題を何問でも解いていくことが可能なためでしょう。

できれば、これ以上問題を解くと別料金が発生します!

ってアナウンスさえあれば
双方納得の上料金を徴収することもできると思いました。

 

 

解説を読んでも理解できない!!
そんな時は、直接問合せしてみてくださいね。

RISUお問合せ窓口はこちら

こちらの窓口にて、メールで問合せしてみてくださいね。

個人を選択後、サービス内容の新規検討についてにチェックを入れて
お名前・メールアドレス・問合せ内容をいれて送信してみてください。

RISU算数でより良い、
算数の学習がスタートできますように~。

 

歳の差育児用に小学生前の子用

【育児】子供の習い事RISUきっずでさんすうの基礎固めをやってみない?

 

子どもに英語の絵本を読んであげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

8年ぶりの二人目出産で8歳差の姉弟の子育てしてるワーママです。10年悩んでディズニーの英語システム購入した、親バカです(笑)歳の差育児とワールドファミリーに関して徒然書いてるブログです。ファイナンシャルプランナーを取得して家計・経済に関しても役立つ情報も提供できるよう目指して執筆しています。