【日常】レジゴーって買物の革命?イオンモールで実際に買い物やってみた。

セルフレジのレジゴーの活用する様子

パパ・ママ毎日のお料理、お疲れ様です。

今回は、画期的なレジシステム

「レジゴー」

についてイオンで実際に買い物してみたので、使い方などを解説したいと思います。

レジゴーとは?

第4のレジ打ち スマホでレジ打ち!?

正式名称 「どこでもレジ レジゴー」

店内に準備されているスマホを使って、お買い物する人自身が
スマホで商品のバーコードを読み込ませ商品を買い物かごへ運んでいくスタイルになります。

レジゴー用のカート

画面にもあるよう、こちらのカートにスマホはセットしたまま使うことができるので
スマホを落としたり、紛失させたりすることは無いと思います。

スマホはお店側が準備してます。

買い物カートに乗せたお買い物かごは、そのままレジ通過後持って帰れるよう
マイバックの中へ商品を詰め込んでいきます。
お店のかご⇒マイバックではなく、マイバックへ詰め込んだままレジ通過して帰宅できるんです。

お買い物が終わったら、レジゴー専用のレジへスマホを持参しお会計をします。

商品はスマホでスキャン済みなので、レジにデータを読み込ませると
一瞬にして会計画面へすすみます。

お会計時にクレジットカードや電子マネーを使うと
こちらも一瞬でお会計が終了します。

実際に使ってみよう

実際にお店で見かけるこの光景。

レジゴーのスマホ レジゴーの使い方1 レジゴーの使い方2 レジゴー使い方3 レジゴー使い方4

でも!使い方が不安。分からないって人も是非ここで確認して
店頭で使ってみてくださいね。

まずは、レジゴー専用のカートとレジゴー専用のスマホを準備。
そこへセットできるマイバックも準備しましょう。

レジゴー専用カート レジゴーマイバック注意

マイバックはかごタイプでも、袋タイプでも大丈夫です。

但し、注意書きにあるように中身がきちんと見えるもの!でないとダメです。

これで準備完了。

これから、いつものようにお買い物を進めます。

お買い物かごの中へ入れる前に一つ作業が増えるだけになります。

レジゴースキャン前状態

『マイバックへ入れる前に、バーコードをスキャンしてから入れる』

画像はスキャン画面を通して、かご内の状態が映っています。
スキャンした商品を確認したい場合は、右上の×を押せばレジでスキャンした
画面同様マイバック内の商品を確認することができます。
(下記参考画面)

いつもは、レジでバーコードをスキャンしますが
レジゴーはマイバックへ入れる前にスキャンするだけで、
お会計があっという間にできる!ということです。

レジゴースキャン状態

こんな感じでスキャンした商品を、確認することもできますよ。
スキャン画面に戻りたいときは、真ん中の下にあるスキャンボタンを押すと
上記画面に戻ります。

間違った商品をスキャンした場合は?

上記画面内に商品の右上に×マークが付いています。
どの商品でも×マークが付いていますので、不要になったり間違ってスキャンした
場合は、この×マークを押しましょう。

レジゴーキャンセル選択時の画面

このまま、はいを押すと商品を削除できます。
削除したら、商品は元の場所へ戻しましょう。

バーコードがない商品はどうなるの?

気になるのは、このあたりでしょうか?

セルフレジでも、この部分が気になってなかなか使えない!って
パパ・ママもいるかもしれません。

それでも大丈夫!!

解決策はこんな感じ。

左下のバーコードがない商品を押して対応します。

レジゴーお買い物中身画面

野菜も数量を選択すれば、大丈夫です。

上記はキュウリを1本登録した画面です。

バーコードがない商品を押した後に、商品分類から該当をさがします。

バーコードがない商品で野菜・果物などカテゴリーが出てきますので
そこから商品の該当部分を検索して数量を入れるだけでOKです。

番外編

魚の発泡スチロールに入ってない商品や肉の量り売りですが
購入する際に袋へ入れると同時に、お店の人がバーコードを添付してくれるの
バーコードの心配は必要ありあませんよ。

レジゴー専用レジへ

レジゴー専用レジは

レジゴー専用レジ

有人でもセルフレジでもありません。
専用があるので、きちんと確認しましょう。

レジゴー専用レジ

レジゴー専用レジでは、セルフレジと同じように対応はできないので
セルフレジとして間違えないように気をつけましょう。

 

実際に会計してみました。

レジゴーレジデータスキャン

スキャンした商品が確認できる画像内の右下に

お支払いマークがありましたよね。

レジゴースキャン状態

そこを押すと上記画面になります。

レジゴー専用レジの画面にあるQRコードを読ませることで、
レジへ登録した商品のデータが自動でレジに読み込まれます。

レジゴー商品スキャン後の画面

一瞬のうちにお会計画面が表示されます。

 

本当に・・・早いですね。

 

この後は、お支払スタート画面を押して
クレジットカードや電子マネー、現金など選択します。

現金でも対応可能なので
カードを持ってない人でも「レジゴー」は使用することはできますよ。

 

レジも混雑していなかったので、
ここまでスムーズにレジが終了すると時間も有効に使えそうです。

レジゴー扱い店舗や時間帯にもよるかもしれませんが
お買い物の時短には活躍しそうです。

 

レジゴーを初めて使ってみてのまとめ

こんなに便利なら、ずっと使ってみたい!

という気持ちが大きかったです。

但し、初めて使ってみて注意してほしいことがありました。

それは、いつもレジを通過して買物することに慣れているので

欲しい商品をレジゴーのスマホに通さず、
マイバックに入れてしまいそうになったことが何回かありました。

レジを通さず、

マイバックに入れる=万引き

になってしまいます。

この点だけは、慣れないうちは大変だと思います。

1つ1つの商品を気をつけながら、マイバックへ入れるようにすれば
防げると思いますので、実際に時短で買い物をやってみてください。

子どもと一緒に、バーコードをスキャンしたり
いつもの買い物が、ちょっとしたアトラクション感覚で楽しそうです。

「レジ打ちという作業を、自分でやってみる」

社会勉強の一つとして、子どもにも学習効果がありそうでう。

子どもに英語の絵本を読んであげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

8年ぶりの二人目出産で8歳差の姉弟の子育てしてるワーママです。10年悩んでディズニーの英語システム購入した、親バカです(笑)歳の差育児とワールドファミリーに関して徒然書いてるブログです。ファイナンシャルプランナーを取得して家計・経済に関しても役立つ情報も提供できるよう目指して執筆しています。