赤ちゃん筆(胎毛筆)いらないパパ・ママに薦めたいアレ!

赤ちゃん筆いらないアイキャッチ





CHINA
どうも初めまして。
初めて作った赤ちゃん筆(胎毛筆)で失敗しました、CHINA(ちな)です。

今回は赤ちゃん筆(胎毛筆)なんかいらない!って思っているパパ・ママでも周りのパパ・ママで作る人が多くてどうしよう?と思っていたり、

我が子の髪の毛(胎毛)が少なくてって悩んでいるパパ・ママ向けにお薦めしたい赤ちゃん筆
(胎毛筆)の新しい形の商品を紹介します。

お節介ママ
赤ちゃん筆の使い道が分からない。
赤ちゃん筆(胎毛筆)いらない気持ち悪いって思う人に紹介したいものがあります

赤ちゃんの髪の毛(胎毛)を直に残す
「赤ちゃん筆(胎毛筆)」は気持ち悪い・いらないなど、抵抗のあるパパ・ママでもおしゃれに身につけられるアレを紹介しますよ。

この記事を読むと

赤ちゃん筆を作らず、髪の毛(胎毛)の
新しい保存・保管方法等が分かります。

赤ちゃんの髪の毛(胎毛)以外に、
最近肌が気になることないですか?そんな肌荒れはにはこれを使って直してあげて下さいね。

  \赤ちゃんの肌荒れ気にならない?/

赤ちゃん筆(胎毛筆)を作りたくないパパ・ママに薦めたいアレ

  \↓赤ちゃん筆をアクセサリーに↓/

アレとは、子どもの髪の毛(胎毛)を使った
アクセサリー(ヘアジュエリー)になります。

子どもの名前・生年月日も一緒に押印してもらうことが可能です。

画像はネックレス(ペンダント)になってますが、この他にもブレスレットでも保存は可能です。

クマさん
赤ちゃんの髪の毛を記念にペンダントにできるなんて、凄いね!

赤ちゃんの髪の毛(胎毛)の形状はハートになっていますが、他の形を選ぶことができますよ。

商品の詳細は、サイトで確認してみてくださいね。赤ちゃん筆(胎毛)の新しい使い道ですね。

赤ちゃん筆の新しい形 アクセサリーのメリット

初めての散髪

このアクセサリーペンダントで嬉しいのは、
赤ちゃんの髪の毛(胎毛)の量が少なくても作ることができることです。

我が子の髪の毛(胎毛)が少なくて、赤ちゃん筆
(胎毛筆)いらない!と悩んでいるパパ・ママこれなら大丈夫!

1つ制作するのに必要な髪の毛の長さと量

赤ちゃんの髪の毛(胎毛)の長さ

毛先が花束のようにするタイプ
ブーケ 長さ:1cm

毛先を風船のように丸めるタイプ
バルーン 長さ:3cm

毛先をハートのようにするタイプ
ハート 長さ:7cm

赤ちゃんの髪の毛(胎毛)の量
量:50本(マッチ棒1本分程)

※髪の毛1本からでも注文可能ですが、髪の毛の本数が少ないとアクセサリーやペンダントから毛が見えづらくなることがあります。

赤ちゃん筆(胎毛筆)いらないパパ・ママにお薦めしたい商品

メーカーで頼んだ赤ちゃん筆中身

赤ちゃん筆(胎毛筆)製作を依頼するには、
手間と時間とお金がかかります。

赤ちゃん筆(胎毛筆)の製作を依頼しても、まずは材料の赤ちゃんの髪の毛(胎毛)がないと製作は進みません。

子どもの髪の毛(胎毛)を切るのは、自宅で切るのか?それとも、美容院でお願いするのか?美容院でお願いしたとしても、我が家のように

美容師

提携美容院でも赤ちゃん筆(胎毛筆)の製作件数が少なければ、失敗する可能性もあります。

我が家の失敗談は、こちら。

赤ちゃんの産毛と腕輪がティッシュの上にある

赤ちゃん筆を失敗したママが次の子に選んだ赤ちゃん筆ディズニーとは?

2019年4月2日

勿論自宅で切ったから、失敗しないとも限りませんし必要な毛量も初めて製作するなら分かりません。

それなら、自分たちで切って髪の毛だけを保存する方法を取ってみませんか?

一番最初にしか生えてこない、毛先の尖った髪の毛(胎毛)小さな桐箱の中に我が子の髪の毛(胎毛)をおしゃれな桐箱で補完してあげるのはいかかでしょうか?

\胎毛だけ保管したい!/

貴重な我が子の髪の毛を、
「生まれてきてありがとう」という感謝の気持ちで保管してみませんか?

我が子の髪の毛(胎毛)を、干支のケースでかわいらしく保管するのも赤ちゃん筆(胎毛筆)を製作するよりも格段に安く済みます。

CHINA
赤ちゃん筆はいらなくても、髪の毛
(胎毛)だけ保管するのも良い方法ですよね

ベビー用品って、新品で準備してますか?
レンタルなら、処分代もかからず便利ですよね~。

  \ベビー用品の節約方法/

赤ちゃん筆(胎毛筆)の使い道や用途は?結局・・・

各ご家庭によって、赤ちゃん筆(胎毛筆)の使い道は違うと思います。

結論から言うと

「子どもへのプレゼントとして、赤ちゃん筆
(胎毛筆)は向かない!」ということです。

プレゼントをもらう子ども

赤ちゃん筆は、赤ちゃんが産まれた記念のメモリアルグッズの為、子どもへのプレゼントではありません。

パパ・ママにとって子ども産まれたことによる思い出作り・自己満足での製作がほとんどの理由かもしれません。

子どもにとっての赤ちゃん筆は、プレゼントではなく成長した時に

赤ちゃん筆とは
「子どもが感じとれる親の愛情=
赤ちゃん筆(胎毛筆)」

と言っても良いかもしれません。

赤ちゃん筆メーカーのサイトを見ると、健康で健やかに育ってくれるために~など色々書いてありますが、最終的には赤ちゃん筆(胎毛筆)をどうしたいのか?をパパ・ママが考えることになります。

夫婦と赤ちゃんのイラスト

実用的な筆にするのか?お守りのように、
パパ・ママが持っておくのか?家の室内に飾るのか?今回紹介したように、アクセサリーにして肌身離さず身につけたりするのか?

せっかく出産した我が子の大切な記念として、赤ちゃん筆はいらないので髪の毛(胎毛)だけケースに残すのか?

どれも、赤ちゃん筆(胎毛)筆のあり方で作る作らないそれぞれ正解だと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃん筆(胎毛筆)いらないパパ・ママに薦めたいアレ!まとめ

親の手と赤ちゃんの手

ママ、出産ご苦労様でした。

パパには味わえない、壮絶な出産経験をへてママが大切な我が子を産んでくれました。

ママの大切な体の中でしっかりと栄養をもらって、お腹から出てきた赤ちゃんの頭に最初に生えてくる髪の毛は、生命の神秘とも思えるよう毛先が尖っており胎毛(産毛)とも呼ばれています。

一度切ってしまうと、胎毛は生えてきません。

この一生に一度しか生えてこない
貴重な髪の毛(胎毛)の思い出に

子どものと喜ぶママ

パパ、出産してくれたママにお疲れ様という気持ちとママになってくれてありがとう♪

という気持ちを込めて、我が子の髪の毛(胎毛)で記念のアクセサリーペンダントを送ってママを喜ばせてみませんか?

クマさん
どのブランドのアクセサリーなんかより付加価値があり、貴重な我が子の髪の毛まで入った世界で1つしかないもの作ってあげようよ

我が子の髪の毛(胎毛)入りのペンダントなどのアクセサリーなら、ママも喜ばないはずありません。

ママ!出産のご褒美に、パパにこの赤ちゃん筆(胎毛筆)ペンダントをおねだりしちゃいませんか?

二人で家族になった象徴アイテムとして、
子どもの大切な記念品として作ってみましょう。

いつまでたっても、
夫婦の絆を大切にしたいものですね。

家族写真

子どもの髪の毛(胎毛)が短くても!
これなら大丈夫!

  \赤ちゃん筆をアクセサリーに/

どうしても赤ちゃん筆(胎毛筆)やアクセサリーは無理~ってパパ・ママもカットした我が子の髪の毛(胎毛)だけでも、保管しておきませんか?

  \子どもの胎毛を保管する/

入籍してから親族にまで出産したこと伝えていなかった~ってバタバタしているパパ・ママもこれで一気に報告できますよ。

  \出産報告がまだならコレ/

生まれたての我が後に、良いおくるみないかな?

って探しているパパ・ママ。素材がシルク100%のおくるみあるのはご存じですか?

\これから生まれてくる我が子へ/

CHINA
赤ちゃん筆(胎毛筆)じゃない、

メモリアルグッズ他にもありますよ~

子どもの写真じゃなくて、誰かに似顔絵を描いてもらって記念に残したいなら!

  \我が子の似顔絵なら/

我が子が産まれてきた時の体重の重みを忘れたくないパパ・ママにはコレ

  \我が子の重さのぬいぐるみ/

体重ベア・ウェイトベアアイキャッチ

体重ベア・ウェイトドールのおすすめ紹介!出生時の身長体重を忘れない方法

2021年2月17日

我が子が着ていた小さくなった洋服を記念に残すことができるんですよ♪

  \我が子の洋服でベア/

箱から出たばかりのロンパースベア

ロンパースベアをエンパシージャパンで注文して完成した商品を紹介するブログ

2019年6月4日

ブログ訪問ありがとうございます

8歳差育児でDWEの英語学習するCHINAです。

歳の差育児中の気づき、日常などもブログで紹介してます。

DWE英語以外にも、歳の差育児中のパパ・ママと沢山繋がることが目標です。

ママ目線のブログで、同じように共感してくれるママ。

ママの気持ちが知りたい、パパの参考になれるよう頑張ってます。

ブログ村ランキング参加中です。ポチっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 年の差兄弟・姉妹へ
にほんブログ村



楽天市場




子どもの英語学習特化サイト始めました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

8年ぶりの二人目出産で8歳差の姉弟の子育てしてるワーママです。10年悩んでディズニーの英語システム購入した、親バカです(笑)歳の差育児とワールドファミリーに関して徒然書いてるブログです。ファイナンシャルプランナーを取得して家計・経済に関しても役立つ情報も提供できるよう目指して執筆しています。