【日常】8歳差子育て!マイカーで名古屋から東京ディズニーランドに行けるのか?

ディズニーシーの地球儀前で記念撮影する家族

つい先日夏休み最後の思い出づくりに、

東京ディズニーランドとディズニーシーへ行ってきました~。

歳の差育児中のCHINAの子供の年齢は、11歳と2歳です。

さて、今回はマイカーでディズニーへ初挑戦しました。

歳の差育児中のパパ・ママ!今回の出来事を記事にしていますので

「これからマイカーでディズニーへチャレンジ予定の方」

は是非、読んで参考にしてみてくださいね♪

◆ マイカーでディズニーランドへ行く際の注意 ◆

出発地点から到着地点までの
距離と時間を確認する

皆さんはどの地域から出発されますか?

ネットやカーナビで出発地からディズニーランドまでの時間や距離を確認しましょう。

ディズニーを検索する際は、名前だけでも出てくると思いますが、念のため住所を記載しておきますね。

東京ディズニーランド 東京ディズニーシー 共通 千葉県浦安市舞浜1−1

住所は同じでも、駐車場が異なります。
手前にディズニーランド奥にシーの駐車場があります。
(左折で駐車場に入る道ではこんな感じでした。右折で駐車場に入る車は見てませんが、
一方通行でもなかった気がします。
一般道にもディズニーリゾートの看板がありますので、参考にしてくださいね)

画像は分かりにくいですが、虹が空に出てました。

東京ディズニーランドの車の入場ゲート前を車内から撮った画像 ディズニーシーの車の入場ゲートを車内から撮った画像

大体の時間と距離を確認できたら、

到着時間に合わせて駐車場が開場する時間に合わせて出発を考えましょう!

我が家は名古屋からおよそ5時間かかるとのことでしたので、

深夜の1時には出発しました!!眠い!!

子供も車の中でしっかり寝てました。

ちなみに、駐車場ですが色々なブログにも記載があるよう

ディズニーは駐車場前に待つ車の量によって、早くから駐車場を開場してくれます。

ここ最近は入場制限などもかかるくらい人が多いですからね。

そこも考えて、時間に余裕を持って出発しましょう♪

我が家の駐車場に到着した時間は早朝の5時半過ぎ位だったと思います。

早朝ですが開けてくれてました。

マイカーだからこそ
ベビーカー持参

小さい子供がいると、どうしても抱っこ~とせがんできますよね。

我が家も公共交通機関を使って泊りでディズニーへ出かけた際は、
ベビーカーはレンタルしていました。

1日でもレンタル料金1000円は大きいですよね。

でも、マイカーならそのまま駐車場から入場門まで歩いていけますから、ベニーカーを持って行って大丈夫です。
本当にこれは助かりました。

帰りは荷物をかけたり置いたりできますので、小さい子がいる親御さんにとっては心強いです。

ベビーカーを持参の方も多かったです。

ベビーカーが他の人と被って紛失することはないとは思いますが、
ベビーカーレンタルできる場所にてベビーカーに付けるタグが無料でもらえるそうです。

もしも心配な方はタグをもらって氏名を記入して付けることをお勧めします。

(アトラクションに乗る際は、ベビーカー置き場にベビーカーを置いておく必要があります)

駐車料金でクレジットカードが
使えない時間帯

平日と休日料金が2500円と3000円になっています

(2019.09.09時点)が、詳しくはディズニー公式サイトにて遊びに行く日の駐車料金を確認しましょう。

※ここで注意点です!
駐車料金の支払い方法はネットで検索すると沢山情報が出てきますが、

午前6時半前までに駐車場が開場して入場が可能になった場合クレジットカードは使用できません!!

のでご注意ください。

係の人いわく、クレジットカードの使用できる機械が動作していないんだそうです。

車の混雑状況を考え、機械が使用できる前に入場をさせてくれてるんだそうです。

なので、早朝に到着予定の方は駐車料金用の
現金も忘れずしっかり持っていきましょう。

(遠方からマイカーでくるなら心配ないと思いますが、念のため報告です)

駐車場内は係の人の誘導に従う

無事に入場できると、本当にマイカーで来たんだな~と何だかテンションが上がってしまいますが
落ち着いて係の方の誘導に従います。

駐車スペースに空きができないよう、複数の方で誘導してくれます。

自分の駐車位置がどこになるか?教えてくれますので案内のあった駐車スペースに車を停めましょう。

早朝にもかかわらず、沢山の県外のナンバープレートのついた車で一気に駐車場内が埋まります。

さすが、ディズニーリゾートです。

化粧品や洗面道具必須
飲食店が近くにありません
車内でできること

早くディズニーへ着いても、入場が午前8時や8時半なので
2時間から3時間は車内で過ごすことになります。

マイカーで来るママさんに、一睡もせず化粧ばっちりな人なんていないと思いますので、
歯ブラシや洗顔など準備しておくと良いと思います。

ただ、早朝に着いて早い時間だとトイレも混雑して化粧に歯磨きする人でごった返してました。

ゆとりがあれば、混雑時は避けた方が良いかもしれません。

女子トイレのメイク用の鏡は場所が限られますので、車内でメイクできれば車内のほうが良いかもしれません。

道中の高速道路のサービスエリアでも歯磨きや洗顔してる方を多々見かけました。

我が家は海老名サービスエリアに寄って少し休憩しましたが、
同じ目的地(ディズニー)の方が多くてびっくりしました。

なぜ?目的地が一緒だとわかったかというと皆さん、
揃ってディズニーのTシャツ着てトイレやお土産屋さんにいましたよ(笑)

マイカーでディズニーが慣れてくるとこんな感じなんでしょうか?

また、ディズニーの駐車場付近にはコンビニなど近くにありません。

お腹が空いても、食べるものはありません。
自販機ならあります。

その為、お腹が空かないよう食事を済ませておくか道中で購入して車内で食べれるようにしましょう。

また余ったからといってパークには飲料以外は持ち込めないので、その点も注意しましょう。

小さい子供さんのおむつ交換なども、車内でできるなら車内で済ませた方が良いと思います。

駐車場内のほとんどがファミリーカーなのにもうなづけます。

小さすぎる車より多少余裕があったほうが、子供たちも疲れないしオムツ交換や着替えなどもできますもんね。

入場門でも沢山並びます

入場前にモノレールが動き始めます。

その為、マイカーで来てる人以外にモノレールで来る人たちも一緒に並び始めます。

その為、早く入場したい場合は車から早めに出て入場門前で待機することをオススメします。

小さな子供は長時間並ぶのが苦手だと思うので、何か対策をしておいた方が良いかもしれません。

大好きなおもちゃを持っていく、好きな動画を携帯で見せるなど、工夫が必要です。

我が家がディズニーランドへ行った日はあいにくの大雨・・・。

しかも雨具を忘れて悲惨な状態でした。

何とか傘はありましたので皆傘をさし、
息子のゆうくんはバギーにアンパンマンの傘をさして座ってもらいましたが、

傘が嫌だ~と大泣き。

入場前から気持ちはブルーです。

もう、入場せずに東京観光に切り替えるか?とも思ったぐらいです。

早く着いて駐車場に入るまで雨は小雨しか降らず、あがって虹まで出ていたのに・・・大変でした。

急な天候の変化も考えて雨具も必ず持参しましょう。

大雨後に入場した後のショップの混み具合も地獄ですので、マイカーで行くなら念には念を入れて最大限の準備をしていきましょうね。

入場してすぐのシンデレラ城をバックに記念に1枚。

皆、ショップで購入した雨具着用中。

ショップ内も雨具を求める人で大渋滞でしたよ;急な出費を抑えるためにも、雨具必須です!

シンデレラ城をバックに取った家族写真

まとめ

以上がマイカーで出発して駐車場に到着するまでに、注意したいことでした。

あいにくの雨模様でしたが、初めてのディズニーランドにゆう君も元気にしてました。

ゆりちゃんも楽しんでくれました。

お昼からは、雨も上がって蝉が鳴き始めて暑くなりました。

お昼も混雑してましたが、すぐに座って食事をすることができました。

深夜に出発して車内で仮眠もしっかり取れたわけではなく、
そのままランドで歩いてアトラクションに乗ったりしたので私もゆりちゃんも体調が思わしくなく

夜のパレードを見ずに宿に帰ったことが心残りでもあります。

ここ最近はショーも抽選なので、抽選にアプリで参加しましたが1回も当選することなくすべてのショーが全滅でした。

小さい子供がいると、それだっけで参加できないのかな?とも思いました、

今回マイカーで1泊2日でディズニーへ行ってきました。

宿は近くのファミリーロッジ旅籠屋にて宿泊しました。

そちらも記事にしますので、是非参考にしてみてくださいね。

我が家が宿泊した日は特に愛知県からの利用者の方が多いと話を伺いました。

マイカーで旅しながらファミリー層にはうれしい料金で泊まれるのが魅力の宿です。

皆さんも是非利用してみてくださいね。

子どもに英語の絵本を読んであげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

8年ぶりの二人目出産で8歳差の姉弟の子育てしてるワーママです。10年悩んでディズニーの英語システム購入した、親バカです(笑)歳の差育児とワールドファミリーに関して徒然書いてるブログです。ファイナンシャルプランナーを取得して家計・経済に関しても役立つ情報も提供できるよう目指して執筆しています。