【日常】愛知県蒲郡市にある竹島水族館へクーポン(がまポン)を使ってお得に行く方法

竹島水族館 正面入り口

朝夕の冷え込みが激しくなってきてますが、

都市の差育児中のパパ・ママは風邪などひいていませんか?

CHINAは、ゆう君の咳風邪をもらってしまって久々に病院へ薬をもらいに行ってきました。

今回はゆう君の風邪が良くなったので、大好きな魚を観に竹島水族館へ行ってきました。

行く前に、料金などのクーポンをリサーチしたところ

「がまポン」

というクーポンがあるとの情報を見つけたので、どうやってクーポンをゲットするのか?

実践してきましたので、記事にまとめたいと思います!!

竹島水族館とは

【住所】愛知県蒲郡市竹島1-6
【電話番号】0533-68-2059
【入場料金】大人500円 小人200円 (幼児は保護者同伴で無料)
【年間パスポート】大人(高校生以上)1250円 小人(小・中学生)500円

上記情報から、安い!!と思われるかもしれません。

それもそのはず、日本で4番目に小さい水族館になります。

ですが、展示方法や展示横のポップがユニークでテレビでも取材されるほど有名な水族館になりました。

私たちが出かけたのも祝日でしたが、
臨時駐車場まで車がいっぱいになってました。

そんな有名な水族館を

「がまポン」

を使うと、更にお得に入場することができちゃうんです。

竹島水族館のカブトガニ 竹島水族館のカブトガニの魚歴書

蒲郡にある竹島水族館の入場料をお得にする方法

蒲郡市にあるお得なクーポンブック

「がまポン」を利用することで、入場料を1割引きにすることができます

通常の入場料金は、大人500円・小人200円を1割引きにしてもらえるので

大人450円・小人180円になります。

大人と小人一人ずつで700円が⇒630円になります。

ただでさえ、お安いの更にお安くなります。

お得に入場したい方は是非、クーポンの利用を考えましょう♪

クーポンをゲットする方法

がまポンは蒲郡駅内の蒲郡市観光交流センター内においてあります。

竹島水族館から蒲郡駅は車だと5分以内に着けます。

電車や車を利用する人は水族館に行く前に、立ち寄ることをオススメします。

蒲郡駅の西口近くにセンターはあります。

自動ドアを開けてすぐに、

観光に必要な無料配布の資料の中に「がまポン」はありました。

人の目を気にして取りにくいことはありませんでした。

他にも観光に必要だと思う資料も一緒に受け取りましょう。

蒲郡市のがまポン 蒲郡市のがまポンのクーポン

クーポン利用方法

入場の際に、チケット購入窓口にそのまま「がまポン」を見せます。

係の人がクーポンを必要分ちぎってくれます。

切り離し無効と記載があるので、自分で切り離さないように注意しましょう。

竹島水族館以外で「がまポン」の利用できる場所

水族館の他に、飲食できる場所やお土産を購入できる場所があります。

「趣味のおみやげみむら」さんです。

お買いものされた方に5%割引を実施しています。

対象外の商品もあるようですが、水族館から歩いてすぐの距離のお土産屋さんなので、
購入を考えてる方はお店を覗いてみるのも良いかもしれません。

竹島水族館利用時の駐車場について

水族館の近くには無料駐車場が多いです。

中には有料の駐車場もありますが、水族館付近は臨時駐車場含めて無料で利用可能です。

水族館付近には他にも観光できる施設があります。

他にも観光を考える方は、有料駐車場(竹島有料駐車場)をオススメします。

赤枠は無料駐車場 オレンジ枠は有料駐車場になります。

蒲郡市竹島観光マップ

竹島水族館での食事

水族館内は、水分補給は可能ですが飲食はできません。

小さいですが、アシカショーの場所での飲食は禁止と張り紙があります。

館内では水分補給のみにしましょう。

水族館の外に竹島売店として飲食ができる施設もあります。

チャリカフェ・中日売店が私が訪れた日には営業してました。

竹島・竹島八百富神社

入場するのに費用はかかりません。

橋を歩いて海に浮かぶ島へ渡ります。
島に到着したら階段を上って神社を目指します。

階段は全部で101段ありましたので、結構しんどいです。

神社も複数ありまして、下記に神社名を記載しました。

  • 八百富神社 開運・縁結び・安産 日本七弁天の一つ「竹島弁天」が祀られてます。
  • 宇賀神社 食べ物
  • 大黒神社 (福の神)商売繁盛・国土経営(農耕を指導)
  • 千歳神社 長寿・勉学 蒲郡開拓の祖である藤原俊成郷が祀られてます。藤原定家の父で園地に銅像があります。
  • 八大龍神社 家内安全・夫婦円満・厄除け

※御朱印は八百富神社で可能でした。

神社を参拝後は、島をぐるっと回って竹島橋へ戻ります。

道中狭かったり、木が生い茂ってしゃがんで進まなければならない箇所もありましたので、

歩くのが苦手な方や小さい赤ちゃん連れでの参拝は向いていないかもしれません。

画像は、神社参拝後綺麗な海が見れたのでパチリ。

蒲郡市の竹島近辺の海 蒲郡市の竹島近辺の海

その他観光

海辺の文学記念館
有料駐車場からも近いです、入場は無料です。

ここで書かれた手紙を10年間保管して返送する「時手紙」を書くことができます。

また、有料ですが抹茶を楽しめます。庭園も綺麗でした。ゆっくりしたい人にはオススメです。

魚々の里「とまりん」・竹島ファンタジー館
有料駐車場からは非常に遠いです!!

子供と一緒に観光する方は絶対車で向かってください!駐車場はあります。お手洗いは綺麗です。

昼食に魚介系の物が食べれるかな~と昼過ぎにむかいましたが・・・

結構完売が多くて、残ってる魚介系の料理は私と子供2人で満足できる料理は残ってなかったです。

お土産に魚介類が購入できますが、スペースとしては少々少ない気がします。

バーベキューもできるようですが、事前に予約が必要なのか?当日可能なのかは?分かりませんでした。

小さな道を渡ってすぐの、ファンタジー館横のお土産屋さんは飲食できるスペースはありましたが、

料理の提供はなく「とまりん」での食事で座れない場合のみの活用?のように思えました。

持込はどうなんでしょうね?

また、ファンタジー館は入り口を見て入場しよう!という気持ちにならなかったです。

申し訳ありません。

もっと子供と海辺の生き物が触れ合えたりできる施設なら入場も考えたかもしれません。

インスタ映えする施設のようなので、そういった撮影には向いてるかもしれません。

赤丸枠が、海辺の文学記念館 赤四角枠が魚々の里「とまりん」・竹島ファンタジー館です。

竹島観光マップ

まとめ

水族館に着いたのは10時半頃でしたが、
駐車場内の車も多く入場券を購入するまで10分程待ちました。

入場してからも、人が多くて驚きました。水槽を観るのは比較的スムーズに進みました。

魚大好きゆうくん♪うつぼ~くらげ~と楽しそうに観察してました。

カピバラも魚の途中にいたので、大喜びでしたが「そらちゃん」も「たいようくん」も微動だにせず動いていませんでした。

時間が合えば、ショーもやってます。

竹島水族館のカピバラ 竹島水族館のカピバラショーの看板
それでも、水槽コーナーから少し離れお土産コーナーに行くと結構混んでました。

簡易ベビーカーを持っていきましたが、余裕で通れません。

平謝りしながら必死に通りましたので、小さい赤ちゃんがいらっしゃるパパ・ママは注意してください。

お魚ふれあいタッチのできるコーナーも、ウミガメや魚に餌をあげるコーナーも狭いので激混みです。

下記は、餌やり中の魚やウミガメの様子です。

淡水魚も海水魚も両方展示されてました。
海の魚も川の魚も両方観れるのは、とてもお得な気もします。

竹島水族館のアロワナ 竹島水族館の水槽竹島水族館のサンゴ礁水槽 竹島水族館のタラバガニと少年

有名なウツボの展示の前でパチリ。ゆりちゃんの上のウツボもばっちりカメラ目線ですね~☆

ゆう君はどこ見てるんでしょう?

何回呼んでも別方向ばかり見てました。

竹島水族館のうつぼ水槽の前で記念撮影する女の子と男の子

珍しい、標本も展示されています。

竹島水族館の標本

 

今度は標本じゃなく、生きた魚です。

竹島水族館の水槽 竹島水族館のプロトプテルス・エチオピクス説明

今度は、テレビでも取り上げられた有名な魚歴書です。

竹島水族館のタカアシガニとオオクチイシナギの魚歴書

手作り感が何とも言えない可愛さですよね。

一つ一つ読んでいて、時間を忘れそうになってしまいます。

次は、飼育員の三田さんが表彰されていました。

私もテレビで拝見してたので、まさか一位になるとは驚きです。

興味のある方は、ぜひ竹島水族館へ直接行ってこちらの掲示物を確認してくださいね。

へんないきもの選手権優勝表彰状

アシカショーは見れませんでしたが、会場を見てきました。ショー中は立ち見で見るよう掲示物がありました。

竹島水族館アシカショーの会場と客席

ここで、飼育員さんたちの悲痛な叫びをご覧ください。

 

飼育員のコメント

自虐的なコメントが小さく書いてありました。

こういう所が、おもしろいなぁ~と思いました。

また、アシカショー場内に記念写真が撮れるところがあります。

竹島水族館のフォトスポット

お土産に、うつぼサブレとダイオウグゾクムシのせんべいを買って帰りました。

サブレは1枚だけ、うつぼ粉末が多めに入っているようで、
ゆうくんそうとは知らずしっかり美味しそうに食べました。

私は少しもらいましたが、魚介の味か強い!サブレだな~と思いました。

甘味より魚介味といった感じでした。

ダイオウグゾクムシせんべいも魚っぽくはありますが、塩味が効いておいしかったです。

外のパッケージがすごく工夫されていて、お菓子を食べた後も、ゆう君は大事そうに遊んでます。

水族館はとっても満足です。

館内は狭いですが、再入場ができるよう、出口にスタンプが置いてあります。

各自手の甲に押しておけば、再入場時にランプで照らしてスタンプを確認できれば入場できます。

アシカショーなど人が沢山ショーに集中している時が、魚の観察はしやすかったです。

平日より、休日は入場する人が多い気がします。

時間をずらすなどして、入場するといいかもしれません。

1年以内に3回以上は行こう!

と考えてる人は年間パスポートを購入する方がお得かもしれません。

近くに来た際は、是非立ち寄ってみてください。

お菓子のケースにしては、超リアル!

竹島水族館のお土産ウツボサブレとダイオウグゾクムシのせんべいの容器

 

子どもに英語の絵本を読んであげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

8年ぶりの二人目出産で8歳差の姉弟の子育てしてるワーママです。10年悩んでディズニーの英語システム購入した、親バカです(笑)歳の差育児とワールドファミリーに関して徒然書いてるブログです。ファイナンシャルプランナーを取得して家計・経済に関しても役立つ情報も提供できるよう目指して執筆しています。