【育児】低身長の子どもの検査 保険対応できるか調べてもらった検査方法とは?

年の離れた兄弟が寝ています

前回記事にした、低身長の続きの記事になります。

【育児】低身長の子どもの治療とは?いつからなのか?女の子の場合

専門の病院で継続して、経過観察を行っておりましたが
1年ほど経過したあたりで、身長の伸びが著しいので
成長ホルモンの分泌を確認するために1時間ほどの検査を行いました。

実際にどんな検査だったのか?
報告していきたいと思います。

検査内容

平日早朝の予約をして、前日の22時以降
何も食べないように指示がありました。
朝に関しても絶食。コップ1杯の水やお茶くらいなら
飲んでもよいとのことでしたが、

我が家のゆりちゃんは、飲まずに挑みました。

この検査、検査中にトイレに行きたくなっても
起き上がることが許されません。

どうしてもトイレをしたい場合は
ベッドに寝たまま、ようを足さなければなりません。

検査中に動くことで、検査結果に影響が出るようでした。

また、1時間近く横になっている検査なので
DVDを持参して、ゆりちゃんは横になっている間は
DVD鑑賞をしてました。

検査に使用するのは注射

注射する箇所は腕の甲の部分です。

いつもと違う場所なので、痛そうです。

注射の前に
しっかり手を温めて血管に針が指しやすいようにします。
左右どちらでも、注射できるよう
両方温められました。

刺すのはどちらか1か所になります。

注射器は、他の部分から生理食塩水を補給したり採血も行うので
普通の予防接種の注射器より大きめでした。

なので、おのずと針も大きいです。

子どもさんで、注射器が嫌いな子もいると思いますが
ゆりちゃんは、緊張しつつも上手く注射針が血管に入って
検査用のお薬を血管に入れつつ、採血も無事にできました。

途中で、血が固まらないように生理食塩水も補給されます。

ベッドに横になりつつ、刺したままの針から15分おきに採血を行います。

針を刺したばかりの1回目の採血も含めると、合計4回は採血されていました。

量も意外と多めです。
貧血にならないか、心配しましたが大丈夫でした。

お子さんによっては、午後から学校へ登校する人もいるようですが
我が家は1日お休みさせました。

病院の検査を、学校が休みの土曜日に行っている病院は少ないかもしれません。
院長先生などの対応を考えると、平日の検査の可能性が高いです。

これから、受診を考えてるパパ・ママも
子どもが小学校へ行ってるようなら、仕事のお休みなども
考慮した方が良さそうですよ。

検査中に上手くいかない子も

お医者さんや看護師さんも言ってましたが、
上手に血液が採血できない子もいるようです。

最初に刺した針の位置が悪かったりして
なかなか採血できなかったり、
刺した部分から血が漏れてきたりする
アクシデントもあるようです。

今回の、ゆりちゃんの検査はスムーズにいっていると
お話してくれました。

それでも、日頃刺さないような腕の甲に針を刺すわけですから
子どものメンタル面でのバックアップが必要になってきますね。

検査を終えて

親の私は、はたから見ているだけで何も変わってあげられない
寂しさがありました。

小さい頃から、身長を気にしてあげていれば
少しは変わった未来が待っていたかもしれません。

それでも、身長のことで
暗くなったり、いじけたりしないゆりちゃんに本当に感謝してます。

検査は痛いけど、前向きに頑張ってくれました。

 

検査結果は2週間後に、ゆりちゃんと一緒に参加するよう
話がありました。
長いようで短い期間ですが、
この検査結果から

『保険適用での治療ができるか?できないか?』

の判断が下ります。

治療自体の説明はまだですが、1つだけ確認できている内容がこちらです。

保険適用で治療できるのは、いつまで?

治療を考える親御さんにとって、一番大事なところではないでしょうか?

今現在、分かっていることは
(現在、通院している病院は名古屋市内の病院になります)

名古屋市内在住だったら、12歳までは保険適用で治療が可能

ということです。

現在通っている病院には、岐阜県から通っていらっしゃる方もいるそうですが
岐阜県は、対象外になってしまうそうです。

子どもの医療費に関しては、地域によってばらつきがあるようです。

幼児保育の無償化のように医療費の受給者証は、全国一律での制度ではないです。

我が子を心配して、この記事にたどり着いたパパ・ママは

一度、お子さんの成長曲線グラフを作成してみて
平均よりも外れてるようなら、
専門医を探して尋ねられることを、おすすめしますよ。

次回は検査結果と治療になった場合の
治療方法などを解説できればと思います。

病院に通う前にやってみること

時間はお金を払っても、絶対に戻ってきません。

親として今できること、やってあげませんか?

我が家のように、
注射や検査などで、痛い思いや病院へ通う時間を
少しでも減らす努力しませんか?

3歳からのタブレット
にこにこカルシウム

イチゴ味のタブレット。なめたり・かんだりしてOK
1日2粒が目安量なので、食べやすく手を汚さなくて食べれるのがポイント!
15年間子どもの成長に向き合ってきた企業が手掛けた栄養機能食品なので
安心です。

幼児期から、食べれる珍しい栄養機能食品です。



6歳からのグミ
カルシウムグミ

ココアタイプの栄養機能食品が多い中、グミは珍しいかも!?
15年の実績のある企業が作っているので安心です。

ヨーグルト味は、モンドセレクションを
2011年~2020年、10年連続受賞中!!

品質を認められて、整形外科や一部の調剤薬局でも取り扱われています。

30日間返金保証にも対応してるから、
安心して子どもと一緒に、チャレンジできそうですね。

小学生~中学生向け
アスミール

粉末タイプだけど、味は4種類。
市販タイプと同じココア味もありますが、
イチゴミルク・メロン・ピーチは珍しいかも!

アスミールの良いところは
飲むだけじゃない!
料理にだって混ぜて使えるところが、嬉しいですよ。



小学生~向け
フィジカルB

こちらは、飲むタイプですが
味は、マンゴーミックス味!

ちまたでは、ココア味やバナナ味など
決まった味ばかりですが、
飲みやすいフルーツ味は子どもが気に入ったら
継続して飲んでくれそうですね。

返金保証も30日付いてきますので、
安心して子ども一緒にチャレンジできそうです。



子どもに英語の絵本を読んであげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

8年ぶりの二人目出産で8歳差の姉弟の子育てしてるワーママです。10年悩んでディズニーの英語システム購入した、親バカです(笑)歳の差育児とワールドファミリーに関して徒然書いてるブログです。ファイナンシャルプランナーを取得して家計・経済に関しても役立つ情報も提供できるよう目指して執筆しています。