【育児】低身長の小学校高学年女の子の治療方法とは?異常なしからの治療

男の子3人の後ろ姿

以前記事でも案内しましたが、甲状腺などに異常なしで
経過観察しておりましたが

成長ホルモンの検査を行った結果

【育児】低身長の子どもの検査 保険対応できるか調べてもらった検査方法とは?

 

検査の結果、治療は保険適用でできることになりました。

実際にどんなことをやっていくのか?

紹介していきたいと思います。

低身長治療法
~成長ホルモンの分泌を抑えて身長が伸びる期間を遅らせる~

我が家の治療方法はこちらです。

我が家の具体的な治療までの流れを書くとこうです。

学校からの指摘で、血液検査や手のレントゲン写真を撮影しましたが
異常は全くありませんでした。

(レントゲンでは2~3歳成長の遅れを指摘されました)

そこから約1年間、3カ月おきに血液検査や尿検査やレントゲン撮影を行いました。
小学5年生と遅くに通院したため、女性ホルモンを下げて初経を遅らせる治療となりました。

検査内容は、上記記事に記載しておりますが
時間と痛さが子どもにかかってきますので、できる限り

我が子の成長、身長の伸び具合が平均より下回ってるかも?

って不安なパパ・ママは早めに受診をし
食べ物だけでも、身長は変化しますので医師に相談しましょう。

5年生の娘も指摘されたように、卵や赤身肉・貝類を積極的に取り入れ
6年生までの1年間の間で10センチ弱身長が伸びました。
(本人も食べる量を、頑張って増やしてましたし、勿論個人差もあると思います)

低身長時の成長ホルモンを下げる治療方法

具体的には、3週間おきに病院で注射になります。

初経が始まると、身長の伸びがなくなるため
わざと、初経を遅らせる方法で身長の伸びを期待する治療です。

検査時に使った注射より、小さくなりますが

インフルエンザの予防接種時の注射よりは大きいです。
中くらいの大きさと伝えればいいでしょうか?

注射器

あくまでイメージになります。

 

これを、腕ではなく お尻 に刺します。
神経が少ないからと、先生がおっしゃってました。

消毒してプスっと刺しますが、
注射器が大きい為、少し針が刺さっている時間が長いです。
見てるこちらが、つらい。

我が家のゆりちゃんは、結構強い方なので
へこたれずに頑張ってくれました。

がっ、大人でも身構える注射器をいつ?
刺されるか分からないので不安ではあります。

低身長の今後の治療は?

治療は3週間おきに、お尻に注射をしていきます。

この後治療の予約は、3回分まとめて取りました。

予約日の変更も極力しないように!
変更しても1~2日ずれ位に!

と言われましたので、定期的に注射が必要になります。

注射の副反応

この注射の影響で一時的に成長ホルモンが増えるので、

生理に近い影響が出るようです。

一時的なものなので、心配はいりませんが
続くようなら医師に相談するよう言われました。

ゆりちゃんも、ひどくはなりませんでしたが
おりものの量が増えてると自分で分かったようです。

低身長 高学年女の子の場合のまとめ

現在ゆりちゃんは、小学6年生ですが
140㎝ありません。

やはり年齢などを確認された際に、実年齢よりは
小さく見られがちです。

だからと言って、体はいたって健康です。

現在低身長で困ったことと言えば、

プールの大きいウォータースライダーに身長制限で
滑れなかったり、遊園地のアトラクションでも同様です。

また洋服はかわいい服を探すのに、苦労しています。

足のサイズは、平均的だと思います。
現在は21㎝

今回の治療をすることで成人するまでに150㎝を目指す予定です。

もしも、この治療方法を取っていなければ
医師には150㎝いかないくらいだとも言われました。

ただ150㎝をめざすのに、
治療に関しては1~2年継続してとも話してました。

現在は、保険適用にて治療をすることができていますがっ!!

中学生になると保険適用が不可になるような話もありました。

自費になると1回3万円位だとも!
3週間おきに3万円を払えるほど、我が家は金銭的な余裕は
・・・・ないです。

正直、自費になると厳しいのが本音です。

ずっと継続して続けることができるのか?疑問ではありますが
極力なら、150㎝はいって欲しいと親心ながら思ってます。

 

つくづく低身長で思うことは

男の子のパパ・ママは女の子のパパ・ママよりも
心配な部分が多いのでは?ないでしょうか。

両親が身長が低い場合は、遺伝による

低身長も深く関わってきます。

我が家も医師に、遺伝の可能性を示唆されました。

主人も私も158㎝くらいです。

男性で160㎝位ないと、母親側も低い場合は
子どもの遺伝を心配してあげた方がいいかもしれません。

絶対に心配して!

というわけではありませんが
成長が平均よりも低い場合は、低身長外来という専門外来へ
早めに相談する方が、我が家のように切羽詰まった治療ではなく

長い目でみて、治療ができると思います。

くれぐれも、時間を大切に!

治療できることで、身長を伸ばしてあげることができるなら!
早めに行動してあげることが大切です。



子どもに英語の絵本を読んであげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

8年ぶりの二人目出産で8歳差の姉弟の子育てしてるワーママです。10年悩んでディズニーの英語システム購入した、親バカです(笑)歳の差育児とワールドファミリーに関して徒然書いてるブログです。ファイナンシャルプランナーを取得して家計・経済に関しても役立つ情報も提供できるよう目指して執筆しています。