東海地方でマンボウ見れる水族館なら、三重志摩マリンランド(2021.03.31閉園します)

志摩マリンランド51歳

お魚大好きな子供をお持ちの、パパ・ママ。

三重県志摩市にある「志摩マリンランド」は、
マンボウが見れる水族館ですが、2021年3月31日の営業を最後に閉園します。

我が家のゆう君も、初めて見るマンボウを見るべく閉園10日前に訪問してきました。

志摩マリンランドボード

どんな施設があるのか?
広さなど確認できたことを紹介します。

これから、閉園に向けて沢山の地域から訪問が考えられます。

県外は勿論、遠方からも車で向かわれる方がいらっしゃると思います。

駐車場の混雑状況などは、こちらでリアルタイムで分かると思いますので
Twitterなどを参考にしてみてくださいね。

志摩マリンランド公式Twitter

@shimamarineland

東海地方の水族館志摩マリンランドのマンボウ

志摩マリンランドのマンボウ

出典元:志摩マリンランド公式サイトより

大きなマンボウが、入っている水槽は入り口から入って最後の方の水槽になります。

マンボウと一緒に入っているナースシャークも、結構大きな個体でした。

全部で4匹くらいのマンボウが水槽の中で優雅に泳ぐ姿は、癒されました。

どうやって泳ぐのか?
実際に目で見ると、勉強になりますね。

志摩マリンランドのマンボウ

さすがの水族館の人気者、沢山の観てました。

この水槽、ドアを入ってすぐにあるのですが
もう少し先まで進むと、水槽は続いているので奥側の方がすいていて観やすいかもしれません。

志摩マリンランド館内マップ

志摩マリンランドマップ

出典元:志摩マリンランド公式サイトより

入場してからすぐペンギンが目の前にいます。
右側に建物があるので、入って水族館内を見学していきますよ。

志摩マリンランド古代館

古代館は、壁に恐竜のイラストが載っており化石の展示もあって恐竜好きな子どもたちにも人気なエリアでした。

サンゴ礁の海・近海の魚・冷水域の生物

沢山の海水魚たちを、観ることができますよ。

カクレクマノミやウツボやコバンザメなど、
海の生き物を沢山観れました。

志摩マリンランドのウツボの種類 志摩マリンランドのウツボ

クラゲコーナー

志摩マリンランドのクラゲ1

とても暗いですが、クラゲたちの美しさが際立つ水槽でした。

沢山の種類のクラゲたち。クラゲの寿命のことなど、勉強になることがPOPに書いてありました。

飼育員さんの、クラゲ秘話もボードに掲載されてました。

志摩マリンランドのクラゲ2

真珠コーナー

真珠コーナー

さすが真珠が沢山取れる地域は、説明も上手いなぁ~と掲示物に見入ってました。

実際の真珠が額の中に飾られており、説明されている分は真剣に読んでしまってました。

CHINA

パパ、買ってくれないかなぁ~真珠

回遊水槽

沢山の魚たちが、同じ方向にぐるぐる回ってました。
よく観ると、速度についていけない魚は、他の魚にぶつからないようによけていたり、わざと逆走する魚もいて意外に面白かったです。

また、この水槽の目玉は
海女さんが水槽に潜ってくれて、魚に餌を直接あげるところを見学することができます。

今回初めてみましたが、凄いですね~泳ぐのもうまいし魚たちも怖がらずに餌をもらっている所なんて
感動しちゃいました

 

他の水族館で餌やりは、人があげるというよりは網などの道具を使ってあげてる所しか見たことないので海女さんの凄さを、目の当たりにしました。

CHINA

この場所までが、水族館の半分くらいでしょうか?

イベントホール

ここでは、子どもたちが魚たちを実際に触ることができるイベントコーナーでした。

志摩マリンランドイベントコーナー

出典元:志摩マリンランド公式サイトより

我が家のゆう君今回初めて自分から沢山触れ合ってました。
エイとイヌザメを触れるコーナーがあったのですが、ずっとエンドレスに触れ合ってました。

あとは、ドクターフィッシュが大好きでこしょまいけど、楽しい感覚をずっと味わってました。

うつぼの身長計

近くには、うつぼの身長計もありました。

イベント会場そばに、限定ガチャ

イベントコーナーすぐに、置いてあります。

補足

このガチャの傍には、両替機がありません。

近くにある自動販売機も、
100円の釣り切れランプが点灯している場合、1,000円札は使用できません。

前もって売店で、両替していくことを勧めます。 

淡水魚・希少魚コーナー

珍しい魚がいました。

個人的にはアユモドキが気になって、水槽を覗くと小さな魚がみえました。

メダカもいましたし、昔日本の水が綺麗だった頃には沢山いたであろう魚が希少魚になっている印象でした。

マンボウ館

志摩マリンランドのマンボウ

出典元:志摩マリンランド公式サイトより

ようやく、待ちに待ったマンボウの登場です。

クルクル水槽をゆっくり泳いでいる印象です。ガラスに直撃しないよう工夫のされている水槽でした。

マンボウ水槽のそばにも、ボードでマンボウについて解説されていました。

解説の中に、マンボウの都市伝説について記載があり気になり読み入ってしまいました。

また、マンボウには寄生虫が多いらしく寄生虫の種類や画像のパネルがあり恐る恐るめくるのは楽しかったです。

この他にも標本が飾ってありましした。
タコの標本もありました。

サケガシアラの標本

マンボウ水槽の先にも、水槽が続いています。
ピラルクが隣の水槽にいました。

志摩マリンランド所要時間は?

イベントコーナーで時間があまりとられなければ1時間~1.5時間位でしょうか?

隅々まで見るなら、半日以上は滞在することをおすすめしますよ。

再入場は?

できますよ。

出口は、売店に繋がってますのでいったん出てお土産を購入することも可能です。

その後、入場券を再度入り口付近に持っていくと通常入場ゲートとは違う場所をあけてくれるので列に並ばず入場することが可能です。

志摩マリンランドの入場料金

大人 中高生 小学生 幼児(3歳以上)
個人料金 1,500円 1,000円 600円 300円

詳細はコチラ

志摩マリンランドの駐車場について

こういった状況の為、我が家は朝7時ごろには車で出発しました。

これから向かう予定の、パパ・ママは十分時間を考慮して出発してくださいね。

東海地方でマンボウ見れる水族館なら、三重志摩マリンランドまとめ

志摩マリンランド51歳

営業開始から51年目を迎えた、
志摩マリンランド。

コロナ禍の影響も否めませんが、3月31日で閉園します。

初めて行ったのですが、イベントコーナーの触れ合いできる魚などの種類は今まで行った水族館で一番多くて広かったです。

魚好きな、ゆう君にはもっと早く連れて行ってあげたかったです。マンボウも、ゆったり動く姿が癒されました。

館内外、駐車場で係りの方々が挨拶を沢山してくれて本当に、素敵な水族館だと思いました。

2匹のマンボウ

出典元:志摩マリンランド公式サイトより

今まで訪れた水族館で、水族館の方と館内ですれ違うことがあっても挨拶されることがほとんどなく
今回はびっくりしました。

「いらっしゃいませ」

「ありがとうございます」

しっかり挨拶できる水族館の方々を思うと閉園が寂しくなりますね。
本当に今までありがとうございました。

CHINA
水族館の生き物たちや水族館に勤めていらっしゃる方々皆に幸せな未来が訪れるよう、心から祈っております。

子どもに英語の絵本を読んであげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

8年ぶりの二人目出産で8歳差の姉弟の子育てしてるワーママです。10年悩んでディズニーの英語システム購入した、親バカです(笑)歳の差育児とワールドファミリーに関して徒然書いてるブログです。ファイナンシャルプランナーを取得して家計・経済に関しても役立つ情報も提供できるよう目指して執筆しています。