【日常】ベビー服を使って、世界で一つだけのロンパースベアを作ろう♪申込編~

ロンパースベアが2体

DWEの会員には2か月に1回会報が到着します。

会報の中には、DWEの商品の宣伝になるもの入ってますが
DWE会員向けに他社の商品の宣伝も入ってる場合があります。

歳の差育児中のパパ・ママ♪子供の小さい頃の洋服って大事にしまっていませんか?

今回はそんな大切な洋服に新しい命を吹き込んで、
とっても可愛いあるものを作ってくれる企業さんを紹介します。

ロンパースベア

かわいいな~って思ったのが私の感想です。

また、ロンパースベアの特徴として子供の赤ちゃんだったころの洋服をただ保管するのではなく、
子供が持ちやすいサイズのぬいぐるみにすることで

より一層洋服保管だけでは味わえない価値を提供しているところです。

商品はすべてハンドメイドのため、納期がかかります。

およそ3か月。

別料金を支払えば、1か月まで短くすることが可能だったと思います。

他に赤ちゃんが生まれた人向けに、出産のお祝いとして送ることも可能です。
(チケットを購入してプレゼントする流れです)

ぬいぐるみを子供の誕生日プレゼントにすることもできます。

子供が大きくなって結婚時に記念に持たせることもアイデアとして出ていました。

私も、それはいいな~と共感する部分もありました。

ロンパースベアが2体

 

世界に一つしかない、唯一無二のもの

我が家も子供の洋服は保管してましたが、結局子供が大きくなった後に眺めるだけで終わる服よりも

何か記念になるものが良いなぁ~と思っていたので今回のロンパースベアは理想の商品でした。

ゆりちゃんとゆう君の洋服ですが、ロンパースが残ってるのは最近まで赤ちゃんだったゆう君のほう。

ゆりちゃんはロンパースというよりも記念に残したい洋服のみ・・・。

今更ロンパースなんてどうしよう?というのが正直な感想で、
そういった洋服しか残っていない場合どうすればよいか?電話で聞いてみましたよ♪

ぬいぐるみを作成する際の型紙は意外と大きいので、多くの生地が必要になるようです。

大きめの生地、サイズの大きい洋服なら心配ないと言われました。

はさみで切ってほつれるような生地、毛糸などでなければ大丈夫とのお話でした。

ゆりちゃんの小さい頃の洋服を探してみると、
生地の種類が少なくロンパースベアも色合い的に、ちぐはぐになりそうでしたが生地として使えそうなのが見つかりました。

ゆう君は小さい頃に着ていたロンパースが残っていたので、
こちらでゆりちゃんの次に申込しようと思います。

ロンパースベアができたら、どうするの?

これが一番気になるところだと思いますが、私の考えとして子供に渡すのではなく子供が大人になって
自宅から巣立った後に、家で一番眺めれる場所に飾ることが夢です。

巣立つ前に子供たちにプレゼントして、触らせておくのも思い出の一つかな~とも考えてます。

まだ、気は早いですが自分が亡くなった後に子供たち渡すのも、良い思い出かもしれないな~と考えてます。

世の中お金があれば何でも買える物が沢山あふれてます。

しかし、付加価値が付く商品はそう簡単に購入できませんし、購入した後に簡単に捨てれない物だと思ってます。

子供が小さい頃に着ていた服で、特に思い入れのある服だと

「子供が気に入って着ていた服(付加価値)」

ということになって、なおさら破棄できないと私は、思っています。

自分でぬいぐるみを作ることもできると思いますが、なかなかプロが作るレベルのぬいぐるみを作ろうと思っても、
作れないのが正直なところです。

完成まで時間がかかる商品ですが、申込後随時どうなっていくのか?レビューしてみたいと思ってます。

他のロンパースベアに関しての記事は、こちら

【日常】ロンパースベアをベビー服で作ろう♪世界で一つのぬいぐるみ~洋服送付編~

【日常】ロンパースベア♪赤ちゃんの服を記念のぬいぐるみにしよう♪完成編

 

子どもに英語の絵本を読んであげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

8年ぶりの二人目出産で8歳差の姉弟の子育てしてるワーママです。10年悩んでディズニーの英語システム購入した、親バカです(笑)歳の差育児とワールドファミリーに関して徒然書いてるブログです。ファイナンシャルプランナーを取得して家計・経済に関しても役立つ情報も提供できるよう目指して執筆しています。