【DWE】ディズニー英語 ファーストステップ2-3回目 謎のシールの正体は?

男の子の向こうに小さなテレビと机の角がみえます

いつのまにかファーストステップも2・3回目を迎えました。

歳の差育児中のパパ・ママ~前回の2・3回目のことも思い出しながらレポートしたいと思います!

あっという間に、時間が経ちます。ファーストステップ自体はご家族のペースで申し込めますので、焦らず継続していきましょう。

直近のファーストステップは、混みあって申し込めない場合がありますので、期間にゆとりをもって予約しましょう。

ファーストステップの予約方法の記事はこちらです。

【DWE】ディズニー英語 DFS ファーストステップの参加申込方法

ファーストステップ会場までの道のり

今回も家族全員の4人で参加してきましたよ~。

自宅から開催場所までは比較的に近いのですが、いつもは早く準備して余裕をもって出かけるのですが・・・
今回は私が早めに買物を行い、家族皆には10時半までには準備しておいてね~って声掛けまでしていたのですが、

主人は何を勘違いしたのか、11時半と思い込んでいたようですorz

毎回こんな感じの我が家なので、早め早めの時間を伝えるようにしていますが、ここまでずれてたのは久々です。

なんとか出かける準備ができるも、バスにするか?地下鉄にするかによって目的地へ着く時間も変わります。

バス停へ向かっていると絶対時間に間に合わないため、別のバス停まで急遽急ぎました。

無事に間に合いましたが、ファーストステップ会場にギリギリ到着だったので焦りました。

会場の席も、狭い場所ではなくわりと広めの良い場所で参加することができました。

本当ギリギリだと、場所らしい場所がないので注意してください。

(会場にもよるかもですが、テレビの前にペタンコ座りの会場だと場所らしい場所を自分で確保しないといけません。)

アイキャッチは名古屋会場になります。

DWEの歌にのって体を動かすダンス

最初は歌を歌いながらダンスをして覚えましょう~♪

って流れでガイドさんと一緒に真似して手や体を動かします。

しかし、その場ではできても自宅でできるかは?難しいかもです。思い出しながらやってみます。
英語の歌詞で歌いながら、体を動かします。

2回目と3回目にもこのようなダンスコーナーがありました。

NHKの「おかあさんといっしょ」みたいに毎日同じことをループしてたら覚えるかもですが、
1回見よう見まねでやったダンスを思い出すのは難しいです。

(歳のせいかもしれません;)

それでも体を動かしながら、子供と楽しく英語に触れ合う機会を増やすことで

『子供が楽しく英語を学ぶ』力の基礎ができると思いました。

残念ながら、ガイドさんのダンスの見本のようなものは、ファーストステップの手帳には記載がありません。

Look Up! The Sun Is Shiningの曲を使って手や体を動かしてました。

バードの時に手を横にバタバタさせたり、サンで太陽の真似をしたり、単語の意味を考えて動くダンスでした。

一緒に、みんなで歌おう~

DVDを見ながら、一緒に歌う時間もあります。

我が家のゆう君も,大好きなPluto’s Songを歌いました。

しかし自宅と勝手が違うので、なかなか歌ってくれませんでした。

他にも、Up and DownやOpen Your Hands and Close Themを体を動かしながら一緒に歌いました。

プレイアロングの曲はDVDやBDで再生すると、パパとママと一緒に体を動かしてるので参考にしながら一緒に体を動かすのもいいですね。

レッツプレイ教材で遊ぼう!

レッツプレイという教材の中に一緒に遊べるおもちゃが入ってます。

今回はミッキーやミニーの絵が描いてある型紙に、指を2本入れる穴が開いてる教材を使用しました。

この穴に人差し指と中指を入れると、ミッキーやミニーの足の代わりになるので、歌を歌いながらミッキーやミニーを歩かせたりすることができます。

指を使ってミッキーやミニーを走らせたり、ジャンプさせたりできます。

その時に、「ジャンプ!」や「ランイング~」と言いながら単語を覚えたりすることができるおもちゃです。

簡単なおもちゃですが、単語の意味を理解しながら遊べるのは良いことですね~。

ゆう君には、2本の指の穴が大きすぎたので遊ぶのが大変そうでした。

ゆりちゃんはファーストステップに参加する為早起きしていたので、
眠たそうにしていたためガイドさんに教材を配られずにスルーされちゃいました。

なかなか地味な遊びかもですが、子供にっとっては親と楽しく遊ぶツールなのでこれだけでも楽しんでました。

ちょっとしたことでも、英語の学習に結びつけていくのは英語の知識が増える要素ですね。

なぞのバードシールの正体 シングアロングの付属品

今回アドバイザーさんから、このシールについて説明がありました。

ワールドファミリーシングアロングバードシール

我が家もそのシールを発見しましたが、一体何に使うのか?疑問でした。

シングアロングのガイドを確認するとページごとに、曲の綴りも記載されてました。
歌うときに確認すると一緒にスペルの勉強になるガイドです。

このシングアロングのガイドの目次ページに、曲ごとに木の絵が記載されてます。

歌を歌えるようになったら、その木の部分に「この鳥のシール」を貼ることで
シングアロングの曲全てを歌えるようになると目次のページに鳥がいっぱいとまるようになる~というためのシールなんだそうです。

もしも今回この説明を聞いてなければ、このシールの活用方法が分からず使用しないままになっていたかもしれません。

ワールドファミリーシングアロングガイド4冊表紙 シングアロングの目次ページ ワールドファミリーシングアロングステッカーの封筒表紙

このケースの中にシールが入ってます。

ちなみに今回解説していたガイドさんは、

「このシールの使い道を知ったのは15年経過した後」とおっしゃてました。

15年経過して、このシールの使用方法が分かったそうです。

早めに教えてもらえて、感謝してます。皆さんも、このバードのシールをしっかり活用してくださいね。

携帯アプリ CAPレコーダー

携帯のアプリの説明もありました。CAPの課題で録音した音声を、提出する際に使用するものです。

このアプリの説明はファーストステップの2回目に聞きました。

我が家もゆりちゃんが一番最初にGetできるライトブルーCAPを取得するために、オーディオCAP課題に挑戦中です。

今の所、歌の課題も合わせて6つぐらい挑戦してます。アプリの使い方も簡単です。

ただし、データの名前とかの編集せず即課題として音声を課題提出時に添付するので、音声の取溜めすることにはむいていません。

アプリを利用する際は、課題を提出する間際に録音した方が良いかもしれません。

このCAPレコーダーについて、アイフォーンバージョンで使い方を解説してますので気になるパパ・ママは読んでみてくださいね。

【DWE】オーディオCAPの応募方法  iphone(アイフォーン)での録音方法を解説

褒め言葉

ファーストステップのStep1~3まで参加しましたが、英語学習をする子供を褒める際も親が積極的に英語を使いましょう~
ってことを伝えられました。

ここでいくつか教えてもらった誉め言葉を報告しますね。

 

You can do it! 君ならできる!
Let’s do it together! 一緒にやってみよう!
Keep it up! その調子!

我が家ではVery good!の連発です。

(あんまり英語が得意でない親なので、上記の褒め言葉もなかなか思い出せないし使えないことが多いです)

それでも日本語をまだ話せないゆう君は、褒められてる?かまってもらえる?ことを実感して、
一所懸命英語の教材を使って覚えた英語を話してくれます。

2・3回目のファーストステップを終えて

参加した際にガイドさんから、教材を使い始めて1年ほどたったかと思われますが~と解説がありましたが
我が家はDWEの教材を購入してから、約9か月を迎えました。

ゆう君のめまぐるしい成長を目の当たりにして、あぁDWEの教材は少しずつでも効果があるものなんだ!

と実感しました。

ただ、小学生のお姉ちゃんのゆりちゃんは周りの子供たちが小さい子が多いってことで
イベントやファーストステップへの参加は少々渋ってます。

小学生向けのイベントもあるので、CAPの課題を淡々とこなして大きい子が参加するイベントへ行くことができれば!

少しは英語のモチベーションも変わるのかな?と期待しています。

3回目参加の特典

今回のイベントの参加には特典がありました。

ワールドファミリークラブ・ショップの通販商品1000円OFFクーポンが頂けました。

こちらはネットで登録してる会員ページにクーポン付与のお知らせがくるので、60日以内に利用することが可能です。

我が家はたまたまゆりちゃんの誕生日が4月なので、バースデークーポンも届いてました。

一緒に併用して利用することが可能?なのかな?そのへんは確認して勉強に役立つものを購入できればいいな~と思ってます。

ネットショップで商品購入する方法は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

【DWE】ワールドファミリーのディズニー英語 イベントで使用する名札購入方法

まとめ

長くなりましたが、家族で遊び感覚で行けるファーストステップ。

今回は12時10分開始のため帰宅前に栄地下でお昼にしました。

その際になぜか地元テレビ局のスタッフさんに

「子育てのお悩みに関して出演してもらえませんか?」と声をかけられました。

九州から名古屋に来て早15年。

私も名古屋の地元のテレビ局のスタッフさんに声をかけられるまで地元民として成長したのかぁ~と思いつつ、
主人が人前に出て目立つことが得意でない人なので、なくなくお断りしました。

また機会があれば出てみたいですね~小学生のゆりちゃんも残念がってましたが・・・。

ちなみに【スイッチ】という番組スタッフのようでした。テレビ見ないから、どこの局かも分かりませんでした。

子どもに英語の絵本を読んであげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

8年ぶりの二人目出産で8歳差の姉弟の子育てしてるワーママです。10年悩んでディズニーの英語システム購入した、親バカです(笑)歳の差育児とワールドファミリーに関して徒然書いてるブログです。ファイナンシャルプランナーを取得して家計・経済に関しても役立つ情報も提供できるよう目指して執筆しています。