【DWE】ワールドファミリーのディズニー英語を継続して約2年の効果は?

少年が沢山の本の上に座って、本を開いて読んでいます

年の差育児中のパパ・ママこんばんは。

ワールドファミリーのディズニー英語を購入してから約2年。

教材のバージョンアップもあり、少々モチベーションが下がりそうでした。

何とか教材をバージョンアップして、ブルーレイの新しいキャラクターと画像の綺麗さに圧倒されながら

お金の出費は痛いですがバージョンアップして良かったなぁ~と思う自分がいます。

バージョンアップしたのは良いのですが、ブルーレイが初期不良なのか?

最後まできちんと再生できないディスクがあります。

今度ディスクの交換を依頼しようと思いますので、依頼したら再度記事を作りますね。

コロナの影響で、小学校も休校になり自宅学習という名のプリントを印刷したり学校にもらいに行ったりと

何かと慌ただしいのも事実です。

教材の利用頻度はというと、

正直減っています。

真剣に取り組んでる方に比べて、ダメダメです。

でも他の人と比べても何にもなりません。

目標こそは、絶対に叶える!よう頑張っていきますよ。

目標は必ず、CAP課題を全てクリアして卒業式に参加することです。

年の差育児中のパパ・ママ、ユーザーになっても必ず卒業できるところを記事にしますからね。待っててくださいね。

 

3歳息子のゆうくんの反応は?

コロナの影響から、保育園の登園自粛協力のため4月末頃から自宅で過ごしてます。

英語の映像を観れるチャンスは大いにありますが、

残念ながら最近のお気に入りは魚の図鑑やDVDに心変わりしてきてます。

それでも、日常的に天気(特に雨の日It’s a raining)は英語で教えてくれます。

色に関しても、日本語と英語で教えてくれます。

たまに、質問を英語でします。(What’s this?)

拒否するときは必ず英語。(No No No)

父母の呼び方は、日本語と英語 ママー・パパー (Daddy Mammy)

こっちに来てほしい時は、日本語と英語 こっちおいでー (Come on Come here)

他にも、急に降ってくるように英語の言葉が出てきます。思い出せる、頻繁なものだけ記載しておきますね。

また、本人も英単語の数が頭から出てこないものが多く

「unyara-」んやら~

という言葉を使って英単語をつなげて言葉にしようとしてるんですが、

なかなか上手くいかないもどかしさを最近頻繁に見かけます。

発音する言葉も、私たちが中学生から習った英語の読み方ではなくネイティブの先生に
近い発音をしてくれるのでそこにも驚きます。

その為せっかくここまで英語を発しようとしてるゆうくんの為に、今年のCFKへ申込をしていました。

幸い、仕事の休みの日に空きがあったのでとっても期待していたのですが

コロナの影響でこのCFKの英会話教室もどうなるか?分かりません。

もっともっと、聞かせてあげたい!遊んであげたい!と思っても時間は刻一刻と平等に流れていきます。

お金も将来的にはかかりますが、
この言葉や音を沢山吸着してくれる若い脳の頃に親として何かしてあげれたら!と思ってます。

DWEの効果を半信半疑だった自分が子どもを英会話教室のCFKに入れるなんて、昔じゃ考えられません。

12歳になった、小学生の
ゆりちゃんの反応は?

今年2020年の2月の終わり頃から学校の休校で自宅で勉強している、ゆりちゃん。

自宅学習やお手伝いを率先してくれますが、やっぱり幼児向けなのか積極的には教材には触ってくれません。

それでも最近になって、小学校の教科書の英単語について自分から進んで覚えるようになってきました。

ワールドファミリーの教材にトークアロングカードがあります。

これは非常に便利で、単語と発音が一度に覚えられます。

このカードを積極的に聞いたり、綴りを覚えようとノートに書いた後に
ホワイトボードに書いて復習までしてくれるようになりました。

私がよく言う口癖で

「手の運動は勉強じゃないよ~」

「エアロスミス(ケアレスミス)やった?」

があるのですが、不快に思ったパパ・ママすみません。

この2つを最近、ゆりちゃんが理解してくれて来たようです。

ゆりちゃんに英語が話せるか?書けるか?と問われれば、

ゆうくんより理解して話すことはできるけど、英語の理解度は3歳のゆうくんの方が上だと思います。

何故か?

小学生にもなると、一度聞いたことを分かってる!覚えた!って錯覚しがちだと思うんです。

小さい子は凄いね~やったね~と褒めればまた覚えようとなりますが、小学生は大げさに褒めても

「私、日本語しゃべれるし英語だって真似してだったらしゃべれるよ」

って気持ちの方が上回るんでしょう。

より学年が大きくなればなるほど。

中学生になって文法などの授業が始まって、英語にはこんな意味があるんだな~って実感するんだと思います。

なので、少し方法は違いますが単語の意味・発音・綴りを頑張ってみたら?

と声をかけて簡単な単語からコツコツ頑張ってます。

日常的に3歳のゆうくんに比べたら、英語で話すことは少ないのが現状です。

幼児と小学生の学習の
違いについて

どうしてもワールドファミリーの教材は幼児教育がメインなので、
小学生の高学年にもなると幼児と同じように学習するのは難しいです。

その為できることなら、小学校高学年のお兄ちゃんやお姉ちゃんは
単語の意味・綴り・発音をメインのやっていく方が良いかもしれません。

またテレフォンイングリッシュのBOOK課題では、ネイティブの先生と一緒に英語をお話しできるので
今後は我が家もそちらにチャレンジしてもらえるよう学習していきます。

まとめ

毎日必ず英語の学習しているユーザーさんに比べると、話せる英語力は我が家は低いかもしれません。

でも、英語は人と比べて学習するものではありません。

一日一日同じ時間を皆平等に過ごしています。

今大人の人が、赤ちゃんに戻って英語の学習ができる訳ではありません。

今できることに、ベストを尽くせるよう一日一日大事にしましょう。

幼児のうちは沢山の英語を聞いたり観たりすることで、
しっかり頭の中に英語が入ってることを私はこの目で確かめることができています。

DWEを始めるまで本当に?英語しゃべるのかなぁ~話すのかなぁ~

という不安の方が大きくて、正直ワールドファミリークラブの会費もずっと払うの心配だと内心思ってました。

また小学生でも、少しずつですが単語の意味を調べたり発音を聞いたり
綴りを覚えようとしてくれています。

学習方法こそは違いますが、中学校で始まる英語のとっかかりには凄く良いと思います。

小さいうちから始めたり、中学生前から英語学習することが今後の人生をどうしてくれるのか?

決して「英語を学習していて人生が悪いものになったった!」という結果にはならないと思います。

英語を話せること、理解できることで将来の可能性の1つが増えること武器になることだと私は思っています。

偉そうに書いたけど、かけ流しでもいいから日々時間見つけてやっていきます。

 

子どもに英語の絵本を読んであげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

8年ぶりの二人目出産で8歳差の姉弟の子育てしてるワーママです。10年悩んでディズニーの英語システム購入した、親バカです(笑)歳の差育児とワールドファミリーに関して徒然書いてるブログです。ファイナンシャルプランナーを取得して家計・経済に関しても役立つ情報も提供できるよう目指して執筆しています。