【日常】愛知県碧南市にある碧南海浜水族館の駐車場はどうなってるの?

トラウツボのアップ

魚が大好きゆう君の影響で、今回も愛知県内の水族館へ行ってきました。

水族館の規模は、そこまで大きくありませんでした。

竹島水族館よりも大きいですが、広いわけではありません。

今回はこの水族館内の案内と、駐車場について案内していきます♪

年の差育児中のパパ・ママも、お近くの水族館に行って子供の感受性を養っていきましょう♪

 

碧南海浜水族館

碧南海浜水族館の館内案内

水族館入口付近にこういった案内があります。

碧南海浜水族館の入館料 碧南海浜水族館年間パスポートのご案内

住所 〒447-0853 愛知県碧南市浜町2番地3

電話番号 0566(48)3761

ホームページはこちら

名古屋市から高速道路を使って1時間くらいで到着できます。料金も片道2,000円ぐらいで行けますよ。

入館料

大人 小人
個人 500円 200円
団体(20名以上) 400円 150円
年間パスポート 1,300円 500円

3回以上通うなら!年間パスポートの方がお得になります。

大人→高校生以上 小人→年中以上 中学生以下  年少以下は無料でご入館いただけます

水族館の料金は、竹島水族館と一緒です。

こちらも、規模は小さいですが大きな水槽の中に大きなエイなど沢山の魚がいる大水槽は見ものですよ~。

竹島水族館のように混んでいるわけではないので、ゆっくりのんびり観ることが出来ます。

開館時間

9時~17時まで
(最終入館は、16時30分まで)

休館日

毎週月曜日(月曜日が休日の場合は、翌平日)
12月29日~1月1日

 

駐車場の様子

駐車場の様子は、写真に撮り損ねてしまいましが、碧南海浜水族館は碧南市臨海公園と隣接していますので

水族館の駐車場が満車の場合は、公園側の駐車場も利用を検討しましょう。

碧南海浜水族館の駐車場案内

”碧南海浜水族館ホームページより出典”

写真取れ次第、随時アップしていきます。

館内の様子

碧南海浜水族館の館内マップ

”碧南海浜水族館ホームページより出典”

館内はこんな感じになってます。生き物展示エリアが水族館になります。

1週回るのに30分もせずに回れます。

くつろぎエリアでは、食事ができる飲食店、持参した飲食物を座って食べるスペースもあります。
自動販売機もありました。

科学館エリアでは、体を使って体験できるコーナーや図鑑などが置いてあるスペースもありました。

ビオトープエリアでは、カメや魚を観ることができました。季節の植物の変化も楽しめます。

小さな庭のようなスペースになってます。自然を楽しめる空間でもあります。

碧南海浜水族館ビオトープ

ビオトープを外から見た写真です。
晴れてると、散歩がてら散策もできる場所です。

”碧南海浜水族館ホームページから出典”

 

トラウツボ2匹の顔 ドクウツボ

うつぼも、これぐらい近くで撮影できますよ♪

青とピンクのイソギンチャク たくさんのクラゲたち 黄色い花のようなイソギンチャク たくさんのウニ タコのメスとオスの見分け方

珍しく、イソギンチャクやウニ・タコの展示もあります。

壺にたくさん詰まったマアナゴ 3匹のミノカサゴ メガネモチノウオ ヒラメの赤ちゃん

大きな水槽から、小さな水槽まであります。

海水だけでなく淡水魚の展示もされていて、種類も豊富です。

アリゲーターガーの標本2体 アリゲーターガーの解説

名古屋城で発見されたアリゲーターガーも標本になって展示されています。

碧南海浜水族館の大水槽

大きな水槽も、とっても迫力があって観ていてあきません。

お昼過ぎにエサやりがあるので、大水槽前のベンチや水槽前にしゃがんで、
エサやりを見学することもできます。

係の人が、マイクで説明もしてくれます。

時間にして約10分前後くらいになります。

 

また、紙で作るお魚の帽子が販売されていて、
その場で作ってかぶることもできますし持ち帰り用のお土産にもできますよ。

水族館の入口入ってすぐの場所で販売しています。

碧南海浜水族館販売中の紙で作る魚の帽子

”碧南海浜水族館ホームページより出典”

碧南海浜水族館 まとめ

水族館自体は小規模ですが、魚の種類展示物は比較的多めです。

一つ一つ、ゆっくり見て回ると時間もかかると思います。

他の展示すぺーるなどもゆっくり回ると、一日いても十分楽しめそうです。

魚の帽子も最初は興味を持たなかったゆう君も、
他のお友達が作っていたりかぶっているのを見てるうちに欲しがってました。

1つ100円と高い物ではないですよので、お土産にちょうどいいと思いました。

ビオトープですが、伺った日があいにくの雨の日でしたのであまり楽しむことが出来ませんでした。

もしも、行くのであれば、晴れた日に訪問するほうが楽しめそうです。

店内の飲食店ですが、お値段的にお安くはありません。

事前にお弁当など持参できるのであれば持参したほうが良さそうです。

勿論、急に遊びに行くことになったら是非利用してみてください。

名古屋名物「味噌カツ丼」とかあったはず!!

今回の水族館で一番気に入ったのは、大水槽をスイスイと泳ぐ大きなエイに魅了されました。

ゆう君も、ずっ~と気に入ってました。

一度来館される方は、是非大きなエイを見てみてくださいね~。

名古屋港水族館のエイより大きいと思います。

子どもに英語の絵本を読んであげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

8年ぶりの二人目出産で8歳差の姉弟の子育てしてるワーママです。10年悩んでディズニーの英語システム購入した、親バカです(笑)歳の差育児とワールドファミリーに関して徒然書いてるブログです。ファイナンシャルプランナーを取得して家計・経済に関しても役立つ情報も提供できるよう目指して執筆しています。