【育児】赤ちゃんや幼児の鼻水・鼻づまり・咳の時の病院へのタイミングとは?

男の子が風邪で寝ています

こんにちは~DWEで子どもと一緒に英語学習している ちなです。

今回は8歳差で育児している、ちなの経験を元に
お子さんの、風邪初期症状の鼻水について語りたいと思います。

新生児・赤ちゃん・幼児の鼻水での病院へのタイミング

「小さい我が子が鼻水で息が苦しそう!」

って思うと、いてもたってもいられないですよね~。
病院に行くタイミングどうしよう?

ちな自身も悩みました。まずは、結論から~

奥の方にある鼻水は病院んで取ってもらう

これにかぎります!

市販されている吸引器もありますが、市販のものだと取れる部分も限られています。
市販のもので取れるところまで取ってみて、それでも子供が苦しそうなら病院を検討しましょう。

子どもが、新生児で小さい場合は吸引器を使うのもいいですが
鼻水で呼吸が苦しい場合、発熱も考えられると思いますので
鼻水以外の病気などの要因もふまえて、小児科へ行くことを考えましょう。

病院によって吸引器がちがう

小児科によって、吸引器の種類も異なりますよ。
機械を使ってしっかり、看護師さんがとってくれるところもあれば
子どもだけ別室で、吸引器を使って吸引する所もあります。
(実際には見たことありませんが、市販の吸引器でとっているだけかもしれません)

しっかり鼻水を取ってあげたければ、親が子供をしっかり抱いて看護師さんが吸引してくれる
小児科の方が良いかもしれません。
お近くにある小児科によって対応は分かれますので、一度確認してみましょう。

※ちながお世話になっている小児科は、小さいお子さんでも機械タイプの吸引器
を使ってしっかり取ってくれます。
但し、吸引中に鼻水に血が混じると安全上、吸引は中止になってました。

赤ちゃんや幼児の神!鼻水吸引器!

8歳差育児をする中で、現在ちなもゆう君を保育園に通わせております。
この鼻水問題は、保育園生活を行う以上最大の課題でもあります!!

仕事と家事、育児でなかなか病院へ鼻水の吸引へ行けない時の救世主
お家にいながら、小児科の吸引器並みに力を発揮してくれた市販品の神吸引器がコチラ~

鼻水吸引する際のコツ

緑鼻水・透明鼻水なんでもこいですが、
どろ~っとした鼻水の方が取りがいがあり、
タンクに溜まると沢山取れたことが実感できて爽快に思えてきます。

また、鼻の中に入れたノズルを固定した鼻の穴部分でクリクリと円形に回して
角度を変えながら、鼻水を吸ってあげると

あら!?びっくり!!

ってぐらい、奥に溜まった鼻水を吸い上げることができますよ。
(文章だけで伝えるのが難しいですが、
小児科で機械を使った吸引器の動きを真似ると良いと思います)

 

様々な鼻水吸引器を使ってきたちなが、市販でありながら
一番鼻水を取ってくれると実感した商品です。

病院へ行けない時は、これを活用して
お鼻すっきりの状態で保育園に登園させてました。

お陰様で、鼻水から風邪こじらせることは少なくなりました。

鼻水をあらかじめとってあげて、免疫力を少しでも高めて
保育園に登園したいものですね。

くれぐれも、力を入れてめいいっぱい吸引して
お子さんの鼻を傷つけないよう気を付けましょう。

赤ちゃん・幼児の鼻水と咳に関して

鼻水が出るようになると、おのずと咳が出てきます。

これは、鼻水のせいで鼻で息ができず口で呼吸をしている状態のため、
鼻水が口側に下りて来た時に、むせて咳が出ている状態なんですね。
(肺炎など、特に発熱もなく鼻水と咳が出て平熱な状態のとき)

なので、咳を止めるためには
鼻水を少しでも取り除いてあげて、口側に鼻水や痰が落ちてこないように
する必要があります。

この状態のまま熱がないからと、保育園へ登園し続けると
おのずと発熱して欠席しなければなりません。

鼻水や咳とあなどるなかれ!

市販品でもいいので、月齢が小さいうちはこまめに鼻水をとってあげて
咳がひどい場合は、部屋を加湿してあげたりして
パパ・ママはしっかり子どもの健康管理に気を配ってあげれると良いですね。

まとめ

病院へ行くタイミングは、

「奥の鼻水が取れず、呼吸が苦しそう
寝苦しくて寝れなさそうな時」

は、一度小児科へ相談しましょう。

どうしても、小さいうちは保育園に通っていても
発熱などでお迎えに行くことが多くなります。

パパ・ママがお迎えに行く頻度を減らすためには
我が子の健康が一番!!です。
子どもの小さな変化、鼻水は健康のバロメーターでもあります。

気づいたら、こまめに取ってあげたいですね。

子どもに英語の絵本を読んであげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

8年ぶりの二人目出産で8歳差の姉弟の子育てしてるワーママです。10年悩んでディズニーの英語システム購入した、親バカです(笑)歳の差育児とワールドファミリーに関して徒然書いてるブログです。ファイナンシャルプランナーを取得して家計・経済に関しても役立つ情報も提供できるよう目指して執筆しています。