中学受験の作文対策に子ども(読売KODOMO)新聞で読解力のスキルアップ

子供新聞アイキャッチ

我が子の中学受験を考えているパパ・ママ、受験に作文の課題がある学校があるのはご存じですか?

勿論、作文がない学校もあります。

2020年受験時に作文を実施した中学校は、こちらになります。

【男子校】
筑波大学附属駒場中学校、灘中学校、早稲田大学高等学院中等部、桐朋中学校、暁星中学校、サレジオ学院中学校、世田谷学園中学校、鎌倉学園中学校、城北埼玉中学校
【女子校】
桜蔭中学校、雙葉中学校、フェリス女学院中学校、吉祥女子中学校、頌栄女子学院中学校、東洋英和女学院中学部、香蘭女学校中等科、淑徳与野中学校
【共学校】
慶應義塾中等部、慶應義塾湘南藤沢中等部、神奈川大学附属中学校、市川中学校、栄東中学校(東大選抜)、芝浦工業大学柏中学校、大宮開成中学校

出典元:中学受験・高校受験パスナビ

ご自身のお子さんの受験を予定している学校は、含まれていましたか?

受験時期によってはこの学校以外にも、作文の出題がある可能性もあります。

情報の詳細などは、受験希望校のサイトの確認や直接問合せ等してみてくださいね。

   \3ヶ月以上購読で特典GETする/

小学校生活の中で、作文や文章などを書くことに慣れていないお子さんにとって突然の作文はハードルが高いかもしれません。

新聞を読む子ども

「中学受験どうしよう?」
って考えてるパパ・ママに、

小さい我が子でも文章の読解力を日常的に取り組みやすかったり学習しやすい、子ども新聞をおすすめします。

CHINA

一番すすめたい理由は、
子どもが飽きないこと。

毎週同じネタじゃなくて、旬のネタ(時事ネタ)なので子どもも飽きません。

大人の新聞に比べて、文字よりイラストや表なども多く使われてます。

読売子ども新聞2

出典元:読売KODOMO新聞サイトより

おかげで文章だけでは掴みにくい内容も、かみ砕いて新聞記事にしてくれている所が子どもも継続して読みやすくなっています。

中学受験の作文対策に子ども新聞を進める理由

それは、時事問題の取り扱いがあるからです。

時事問題とは?
時事問題(じじもんだい)とは、近年に起きた政治、経済、国際、社会一般における事象の総称である。
新聞、雑誌、テレビなどのマスメディアで取り上げられるトピックスが、入学試験・入社試験および各種資格試験の問題として取り上げられるときにしばしば用いられる。
出典元:ウィキペディア

読売こども新聞1

出典元:読売KODOMO新聞サイトより

図や表やイラストが多く用いられているので、時事問題でも子どもに飽きさせない工夫が満載です。

テレビでも、しばしば取り上げられることも多いですがやっぱり紙面で読むことで聞き流すテレビよりも記憶に残りやすいと思います。
また、紙面で読むことで漢字も頻繁に見かけることで読み書きを自分で調べる手助けにもなります。

漢字には全てふりがながふられているため、ひらがながわかる年齢であれば新聞自体は読むことができます。

読売子ども新聞2

出典元:読売KODOMO新聞サイトより

名探偵コナンや図鑑で有名な小学館が編集協力してくれている記事もあるので、子どもたちも興味津々で記事を読むことができます。

記事の中には、英語の学習ページも毎回1ページは紹介されています。英語の簡単な文章・単語なども学習することができます。

   \3ヶ月以上購読で特典GETする/

受験対策にも対応

作文対策ではありませんが、受験の問題なども対策として記事が設けられています。その為、受験教科の対策なども新聞で可能となります。

   \3ヶ月以上購読で特典GETする/

読売KODOMO新聞の金額は?

タブロイド判20ページ(毎週木曜日発行)で月額550円(税込)になります。(2021.4.16時点)

CHINA

毎週木曜発行なので、
月に約4~5回のペースで読めます

中学受験の作文対策には2つ型とは?

作文と言っても受験時に出題される傾向には、ある程度の型が2つあるのはご存じですか?

「読解分離型」……文章とは関係なく、
受験生個人の「意見」「感想」が求められるタイプ。

「読解融合型」……文章内容を理解した上で、記述しなければならないタイプ。

出典元:中学受験・高校受験パスナビ

新聞を読む男女の子供

読解分離型だと、自分の意見や感想を述べるので自分で文章を作る必要があります。

沢山の文章に触れることで、どういった文章の言い回しがあるのか?どういう文の組み合わせだと読みやすい文章を構成できるのか?など新聞を読むことで身近な文章に触れることで言い回しなど勉強できるでしょう。

新聞の文章

読解融合型だと、文章を理解することから文章を作成しなければなりません。

文章を理解する学習は、新聞の記事を読むことでコツコツ身につけることができるでしょう。

記事を読んだ後に、要約する練習をすることで実力がついていくはずです。

   \3ヶ月以上購読で特典GETする/

中学受験の作文対策で読解力がつく理由

人は文章を読むことで、頭の中で物事を想像し理解する能力が備わっています。

産まれたばかりの赤ちゃんは、読み書きはできません。

産まれたばかりの赤ちゃん

それでも年長~小学生にもなれば、ひらがなを読めるようになったり、段々書けるようになったりしますよね。

それから小学校の授業で、国語が始まります。

国語の教科書の文章を読むことで、
漢字や文章の理解力が付いてきます。

授業を受ける男児

国語の問題の

「それは何を意味しますか?」

「コレとは何でしょうか?」定番の質問があります。

この部分を理解することこそが、読解力が付いたかどうか?を意味します。

せっかく小学校で国語の授業を受けるようになっても、お家でテレビやYouTube・ゲームばかりやっていると、文章を読んで理解する能力も低下してきます。

人とのコミュニケーションにおいても、
ゲーム通りに事は進みません。

コミュニケーション

読解力を意識したうえで、人とのコミュニケーションは成り立っていると言っても過言ではありません。

中学受験の作文対策に必要な大事なこと

文章の苦手意識を払拭することではないでしょうか?

読書が好きな子なら、作文などの文章を書くことが苦にはならないと思います。

拒絶する子ども

しかし、読書をあまりしない子や作文自体に苦手意識のある子どもだと急に作文の学習をしようと思っても

なかなか取り組むのも難しいかもしれません。

そこでおすすめしたいのが読売KODOMO新聞です。

   \3ヶ月以上購読で特典GETする/

読売KODOMO新聞を読んでみた感想

受験を意識した、
パパ・ママ目線での意見のようですね。

小さなことでも、コツコツ実践できるのは子供新聞の良い所ですね。

文章ばかりでなく、こういった特集がくまれると子どもも息抜きができて新聞の購読に継続性が出てきますね。

一番いいのは、作文の参考書などを購入するよりも比較的お値打ちで読解力をあげてあげれるところですね。

発行頻度も低くて、気軽に取組めるものベストです!

時事ネタものの資料を探すには、一番子供新聞が良いのかもしれません。

   \3ヶ月以上購読で特典GETする/


中学受験の作文対策に子ども(読売KODOMO)新聞まとめ

子供が作文を苦手だなぁ~って思っているなら、身近に文章に慣れることができる読売KODOMO新聞を活用してみませんか?

歌う子ども

子供でも、記事を読んでいて図や表やイラストなどを豊富に使っており、文章だけで飽きさせない工夫もあるのが読売KODOMO新聞の特徴です。

掲載している記事内の漢字にも、ひらがなをふってある為ひらがなが読める子どもなら記事を読むこともができます。

読売子ども新聞2

出典元:読売KODOMO新聞サイトより

習っていない漢字も、すぐに読めるし漢字を見かけるのですぐに辞書で調べることも可能です。

辞書で調べる
補足
作文では、漢字が正しいか?も課題で見られます。
世界遺産などのある都道府県などの明記が求められる場合があります。

ある程度の一般常識なども踏まえたうえで
作文を作成することにもなるので時事問題の大切さが分かります。

タブロイド判20ページ(毎週木曜日発行)で
月額550円(税込)の為、経済的で続けやすいので小さいうちから続けていきたいですね。

   \3ヶ月以上購読で特典GETする/

新聞の大きさ
「D判」1ページのサイズ 縦406mm×横272mm※マージン(白帯)が天地左右に各9mm入ります。 見開き 縦 406mm×横 544mmの場合、絵柄サイズは388mm×526mmになります。

出典元:フリーペーパー印刷通販社サイト

\作文の受験前のラストスパートにはコレ/

ブログ訪問ありがとうございます

8歳差育児でDWEの英語学習するCHINAです。

歳の差育児中の気づき、日常などもブログで紹介してます。

DWE英語以外にも、歳の差育児中のパパ・ママと沢山繋がることが目標です。

ママ目線のブログで、同じように共感してくれるママ。

ママの気持ちが知りたい、パパの参考になれるよう頑張ってます。

ブログ村ランキング参加中です。ポチっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 年の差兄弟・姉妹へ
にほんブログ村

子どもに英語の絵本を読んであげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

8年ぶりの二人目出産で8歳差の姉弟の子育てしてるワーママです。10年悩んでディズニーの英語システム購入した、親バカです(笑)歳の差育児とワールドファミリーに関して徒然書いてるブログです。ファイナンシャルプランナーを取得して家計・経済に関しても役立つ情報も提供できるよう目指して執筆しています。