【日常】富士サファリパークを車で一周する所要時間は?知ってると得すること!

カンガルーの顔のアップ

静岡県にある富士サファリパークへ行ってきました。

マイカーでサファリパーク内を走ることが

 

「人生の目標の一つ」

 

でしたので、叶って嬉しかったです。

普段走らない道を通る、しかも動物が観れる特典付きという感覚です。

 

今回は、初めて富士サファリパークへ行く方向けに
1周するのにどれくらいかかるのか?記事にしてみたいと思います。

年の差育児中のパパ・ママ!お出かけする際の参考にしてみてくださいね~。

 

富士サファリパーク内は車で回る以外にも沢山の動物達と触れ合える場所もありますので

時間にゆとりがあれば、いろいろな場所に子どもたちを連れて行ってあげましょう。

また、富士サファリパーク初心者さんには嬉しい、情報を!記載しておきますね~。

1周の所要時間は〇〇~

すみません、正直明確な答えはありません。

 

富士サファリパークガイド記載内容ですと
約50分
です。

 

正直にどのくらいということは言えませんが、
初めて入場して出口まで出るのに1時間位にはなるかと思います。

初めて入場して動物の観察をしていると、やっぱり動いてる姿を観たい!
ということで時間は長くなると思います。

しかしながら、動物も気まぐれなので動いてくれる動物もいれば全く動かない動物様々です。

比較的に空いていれば、車の移動も容易なので1時間もかからずに出ることもできると思います。

我が家は比較的に空いてる時間に観察して1時間位でしたよ。

初めてだと、結構時間が経つのがあっという間だと思います。

サファリパーク内の道中は2車線になります。

ずっ~と観察している前の車など、追い越すことが可能です。

但し、長期休暇などで混雑している場合はそうとは限らないので注意しましょう。

 

朗報!当日中ならサファリパークの再入場が可能です

富士サファリパークですが1度入場した後、当日中なら再入場が可能ですので

 

1回でしっかり動物たちを観察しよう!と意気込まなくても、

 

時間にゆとりがあるパパ・ママは帰宅前にもう1回再度入場して動物を観察していくことをお勧めしますよ。

初めて入場すると、どうやって再入場するのか不安ですよね!
画像付きで解説しますよ。

富士サファリパークの地図

サファリパークの最後に観察できるのは、アメリカバイソンなどの山岳草食ゾーンになります。

ここを観察した後に、第1駐車場へ戻ります。

お手洗いが小さなお家のように建ってます。

ここが第1駐車場です。

サファリパークを出て第1駐車場付近 第1駐車場から見た看板

左側が第1駐車場です。

看板を拡大した画像が2枚目です。

凄く見ずらいのですが、

一番上に出口←矢印 一番下にサファリゾーン↑矢印(まっすぐ)が出てます。

別角度の看板です。(こちらは、第一駐車場から出る場合所にある看板です)

サファリゾーン案内看板

サファリパークでの入場手続き

サファリパークへ着いたら、入場料を支払います。

料金は、2020年のものになります。

富士サファリパーク入場ゲート 富士サファリパーク料金所

この入場ゲートをくぐってすぐが、動物エリアではないので大丈夫です。

先に駐車場へ停めて、ふれあいできる動物たちのところへ行くこともできます。

車で回る以外に、小動物などに触れ合えるスペースもありますし、カバやアルパカなども観ることができます。

犬や猫やウサギ専門の館があり、有料ですが触れうことができます。

その為、初めてサファリパークへ来て全てを見学しよう!
と思うと1日では難しいと思います。

富士サファリパーク入場ゲート

ゲート監視室が上にありますね。

子供の頃は何も考えずに、自動で開くんだな~なんて思ってました。

ここでもしっかり、お仕事してくださってる方がいらっしゃるんですね。

富士サファリパークの地図

園内図のようにクマゾーンからスタートです。

それぞれゾーンによって仕切りがありますので、ゲートがあくまで車は少し待ちます。

所々にレンジャージープ
(サファリパーク園内の係りの方)
が動物たちを監視してますので、
何かあればクラクションを鳴らして対応を依頼しましょう。

注意書きは、入場時にもらいますのでしっかり目を通しておきましょう。

アメリカバイソンなど山岳草食ゾーンを経て出口へ向かうとこんな看板が見えてきます。

サファリパークを出て第1駐車場付近

この看板の方へ行くと分かりますが、出口とサファリゲートの入り口が分かります。

出口へ一回出てしいますと、
再入場というよりは料金を再度支払う新規入場者と同じ扱い
になってしまいますので気を付けましょう。

我が家は、主人の言うとおりに出口から出て料金所にから入場し、

案の定受付の方からの冷たい視線を受けてに再入場をしました。

沢山お客さんがいたわけではないですが、

サファリパークの人にとっては

「新規のお客さんだ~」って

思うからそりゃテンションも下がりますよね。

なので可能な限りサファリパーク内へ再入場の際は、
出口へ進まずサファリゾーンの入り口へ向かって下さいね。

心配な方は、駐車場に車を止めて位置を確認するのが良いと思います。

駐車場から出るときの看板がこちら

サファリゾーン案内看板

サファリパーク内で車内のペットはどうなるの?

家族みんなで出掛けて、ついでに立ち寄ることもあると思います。

イヌなどのペットは、サファリパーク内には進入禁止です。

預かる場所(有料/無料)もありますので、きちんとそちらへ預けたうえでサファリパーク内へ入りましょう。

やっぱり動物同士反応しあって、不測の事態になることが考えられますので注意しましょう。

ペット預かり所について

 

園内はどうなってるのか?

園内は、車で回るサファリゾーンと
動物園のように歩いて見学する動物ふれあいゾーンの2つに分かれています。

また、有料になりますがネコ・イヌ・ウサギだけを扱った館があります。

入場料を払えば、時間も制限がありますが触って触れ合えることができます。

サファリショップというお土産屋さんにパン工房というパン屋さんもありますよ。

富士サファリパークのパン

一日いても、すべてをくまなく回るのは子供が一緒だと大変だと思います。

しかし、一日いても楽しめる施設であることは間違いありません。

イヌの館

入場前に説明を受けました。入場料が500円でした。

3歳以上は、費用が発生します。

イヌと触れ合う幼児

時間は約30分間、人も20人くらいで区切って入場してました。

犬の数も最初はそんなに多くはありませんが、徐々に増えていきました。

人慣れしたワンちゃんたちで触ることができますが、

それでもやっぱり自由気ままな方が好きなワンちゃんが多かった印象です。

イヌのピンシャー

壁側にイスがありますので、
そちらで座って抱っこされてる犬もいましたが数は少なかったです。

あんまり満足に触れ合えた~とは思えなかったですね。

わんちゃんも、お疲れだったのかな?

休日だったせいか比較的人が多かったので、

犬好きさんは入館者が少ない時に来館すると沢山触れ合えるかもしれません。

ふれあいコーナー

カピバラやカンガルー、ワラビーなど餌をあげながら触れ合うことができました。

カンガルーの毛並みが、極上のダウンのように柔らかくて気持ちよかったのが大発見です。

カンガルーの餌あげ入り口 カンガルーの餌 カンガルーと子ども カンガルーの顔アップ

子どもたちも喜んで、餌をあげたり触れ合っていました。

カピバラ カピバラと子ども

ポニーの競馬もあって、勝った馬を当てると会場限定のグッズがもらえるとのことで、
大いに盛り上がってました。

ゆうくんが一等賞当てたので、ポニーのキーホルダーをもらいました。

ポニーと子ども

富士サファリーパーク まとめ

初めて行っても、一日楽しめる施設です。

園内は広くて一日で全てを回るのは大変だと思うので、2回目・3回目と足を運べると良いですね、

 

ただサファリパーク内へ再入場する際は、出口には向かわず

 

必ず!!サファリゾーン入り口へ向かいましょう。

 

自家用車で楽しむのもいいですが、
ジャングルバスやナビゲーションカーやスーパージャングルバスなど

入場料とは別で有料になりますが、非日常的な環境で動物を間近で観れるチャンスでもあるので

時間や費用にゆとりのある方、非日常的なスリルを味わいたい人はおすすめです。

富士サファリパークの楽しみ方

実際に車で回っている時に、スーパージャングルバスで餌をあげてるお客さんを間近に見てきました。

富士サファリパークのスーパージャングルバスに群がる熊 クマ

大きなクマがバスのすぐそばで餌をもらっていたり、
バスの上に上っている姿を間近にみることができ自家用車内から見ていても
とっても大興奮でした。

スーパージャングルバスは、年齢制限が小学生以上になるので我が家はまだ先になりそうです。

シマウマ キリン ゾウ トラ ライオン

天気が良かったら、動物の向こうに富士山を眺めることができますよ♪

絶景の中で観る動物たちの本来の姿は、動物園の檻の外から観る姿より迫力もありとても神秘的でした。

皆さんもぜひ足を運んでみてくださいね。

 

富士サファリパークのサファリパーク

子どもに英語の絵本を読んであげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

8年ぶりの二人目出産で8歳差の姉弟の子育てしてるワーママです。10年悩んでディズニーの英語システム購入した、親バカです(笑)歳の差育児とワールドファミリーに関して徒然書いてるブログです。ファイナンシャルプランナーを取得して家計・経済に関しても役立つ情報も提供できるよう目指して執筆しています。